マイページ

四国地区大会女子優勝校 新田高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

新田高等学校の皆さん

今回の四国地区大会で女子優勝に輝いた大年遼監督率いる新田高等学校の主将、阪口明香(さかぐちはるか)選手とS1の濱田暖菜(はまだはるな)選手にインタビューを行った。

●主将 阪口明香さん
写真2.jpgQ:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「チームワークと日ごろから支えてくださる方々の気持ちに応えたいという思いが原動力となりました」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「日本一になることです!」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「学年関係なくコミュニケーションを取り、チームが1つになるように心がけています」


Q:今後の目標は何ですか。
「全国の舞台を想定して1つ1つのプレーの精度を高めていきたいです」


●S1 濱田暖菜さん
写真3.jpgQ:好きなプレースタイルは?
「守備型のプレイスタイルです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
フォアハンドです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
ロブをコートの深いところに入れるようにしています」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「自分からのミスをなくして応援してくれている仲間を安心させて、その仲間たちがリラックスしてプレーできるように貢献したいです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「テニスは練習してすぐに結果が出るものではないから、試合で勝つことで今まで積み重ねてきたものの達成感を味わうことができます。だから、努力することの楽しさを感じさせてくれる存在です」


●大年監督からの総評コメント
「新型コロナウイルスの影響で、例年通りにできないことがたくさんありましたが、その中でも選手たちはうまく順応して、この四国大会に向けて準備ができていたと思います。昨年3位だった悔しさを知る2年生が、チームをいい雰囲気にまとめ、いいチームワークで優勝することができました」


「また全国大会に向けて、テニスができることに日々感謝しながら、努力を続けて欲しいと思います」


新田高等学校の女子テニス部の皆さん、優勝おめでとうございます。
日頃から支えてくださる皆さんの想いを力に、努力することを楽しみながら、これからも目標に向けて頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は新田高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

リポビタン国際ジュニア Supported by KIMIKO DATE×YONEX PROJECT

世界のトップを目指すジュニア選手たちが愛媛で繰り広げられる、ITFジュニア大会の様子をテニスデイリーがお届け!

12月5日 ライブ配信ページ
12月6日 ライブ配信ページ

【ITFジュニア大会概要】

■大会名:リポビタン国際ジュニアSupported by KIMIKO DATE×YONEX PROJECT
■日程:2020年11月30日(月)~12月6日(日)
■共催:ヨネックス株式会社、株式会社KD PLANNING
■公認:国際テニス連盟(ITF)、公益財団法人日本テニス協会(JTA)
■会場:愛媛県総合運動公園(17面)
■カテゴリー:ITF World Tennis Tour Junior グレード5
大会公式ウェブサイト

第43回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu