マイページ

東海地区大会女子準優勝校 静岡市立高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

静岡市立高等学校の皆さん

今回の近畿地区大会で女子準優勝に輝いた杉本暁監督率いる静岡市立高等学校の主将、貞方実空(さだかたみく)選手と、S1の櫻田しずか(さくらだしずか)選手にインタビューを行った。

●主将 貞方実空さん
写真2.jpgQ:準優勝を飾った原動力は何でしたか?
「”静岡から全国のトップへ”をモットーに全国に出場して上位にいく事を掲げた想いだと思います。私たち以上に努力しても全国に届かなった先輩方の年代もあり、それを見てきたので、なにがなんでも勝ちたいという気持ちはありました」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「高校から県外に行ってしまう選手もいるので、静岡にいても全国で通用するチームになる事を目指しています」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「主将として楽しく練習できるように、部員をリラックスさせたり、やりやすい環境を整える事を心がけています」


Q:今後の目標は何ですか。
「全国制覇することです」


●S1 櫻田しずかさん
写真3.jpgQ:好きなプレースタイルは?
「色々なショットを使い、相手を崩すプレースタイルです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「どんな状況でも力強く打てるストロークです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「体幹を意識して、重心を下げてプレーすることです」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「試合の序盤からリードして、元気に試合をすることで、良い流れを作りチームメイトも勢いに乗れるように頑張っていきたいです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「私の習慣の1つであるぐらい身に沁みついていて、テニスを続けてきたことで、体力面、生活面、人間力を成長させてくれている存在です」


●杉本監督からの総評コメント
「”地元の公立高校でも全国のトップになれる”事を目標に日々練習に取り組んでいます。また進学校なのでテニスだけをしていればよいわけではなく、日々の学習にも力を入れ、練習環境も男女でテニスコートを3面使い分けていたり、練習時間も限られているので決して環境がいいというわけではありません。なので、日々の生活から見直して総合的な人間力の差で全国の強豪と勝負していきたいと考えています」


「本校は地元の静岡県の選手で構成しているのでレベルも様々で東海大会や全国大会を経験していない選手も多くいます。その中で運にも助けられ決勝戦をやれたことは選手にとっても良い経験になりました。今回の結果で満足させずに大事な1ポイントを取れずに勝てるチャンスを失ったことに自覚を持ち、全国大会で力を発揮していきたいです」


静岡市立高等学校の女子テニス部の皆さん、準優勝おめでとうございます。静岡から全国のトップへ!の想いを大切に、文武両道の人間力を武器に、これからも目標に向けて頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は静岡市立高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

第43回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu