マイページ

四国地区大会女子準優勝校 香川県立高松北高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

香川県立高松北高等学校の皆さん

今回の四国地区大会で女子準優勝に輝いた平井瑞花監督率いる香川県立高松北高等学校の主将、高原萌乃(たかはらもえの)選手と、S1の豊田桜子(とよたさくらこ)選手にインタビューを行った。

●主将 高原萌乃さん
写真2.jpgQ:準優勝を飾った原動力は何でしたか?
「全国選抜高校テニス大会に出場して結果を残すという目標があったからです。県予選では全員が納得のいくプレーができなかったこともあり、1人1人が改善点を明確にし、短い期間の中でプレーを修正して四国大会にのぞみました」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「団結力のある粘り強いチームを目指しています!」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「チーム全体で個々の力を伸ばしていけるように、仲間同士でアドバイスや励ましの声をかけ合えるような雰囲気づくりをしています」


Q:今後の目標は何ですか。
「全国選抜高校テニス大会で結果を残します!」


●S1 豊田桜子さん
写真3.jpg


Q:好きなプレースタイルは?
「バックで展開して、フォアで決めていくプレースタイルです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「バックのクロスです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「フォアでフィニッシュできるように練習をしています」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「自分のプレーでチームの雰囲気が明るくなるように、どんなボールもあきらめずに取ってチームの勝利に貢献したいです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「努力は決して裏切らないことをテニスから学んだので、後輩にも努力することの大切さを伝えていきたいと思います」


●平井監督からの総評コメント
「どの選手も”全国大会で活躍したい”、”全国大会で勝ちたい”という強い思いを持って練習をしています。今の課題は、1人1人の技術力をさらに上げることです。目標を明確にし、着実に個々の実力を伸ばしていきたいと思っています。試合を重ねるたびに強くなってきていることに自信を持ち、今の自分にできるベストのプレーを全国大会でも発揮してもらいたいと思っています。そのためにも3月までの練習時間や練習内容を今まで以上に充実させ、チームの雰囲気もより明るく前向きに、そして高め合える関係づくりに力を入れていきたいと思います。悔しい思いをしている分、今まで以上に成長してくれることと信じて、選手とともに最後まで諦めずに戦い続けたいと思います」


香川県立高松北高等学校の女子テニス部の皆さん、準優勝おめでとうございます。
これからも団結力のある粘り強いチーム力を強化し続け、明るく前向きな気持ちで目標に向けて頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は香川県立高松北高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

第43回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu