マイページ

四国地区大会男子準優勝校 香川県立高松北高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

香川県立高松北高等学校の皆さん

今回の四国地区大会で男子準優勝に輝いた加藤章生監督率いる香川県立高松北高等学校の主将、前田晟明(まえだ せいめい)選手と、S1の大島望(おおしまのぞみ)選手にインタビューを行った。

●主将 前田晟明さん
写真2.jpgQ:準優勝を飾った原動力は何でしたか?
「部員14人の団結力と、一人一人が自分の役割を果たすことができたからです」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「逆境に強く。第43回全国選抜高校テニス大会でベスト8以上に入ることです」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「自分が一番声を出し、部活動の雰囲気を盛り上げること。周りをよく見て行動したり、部員1人1人とコミュニケーションをとるようにしていることです」


Q:今後の目標は何ですか。
「主将としても、1人のプレーヤーとしても、周りから認められる選手になることです」


●S1 大島望さん
写真3.jpgQ:好きなプレースタイルは?
「ディフェンス中心のカウンター系です」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「サーブです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「日々の練習です」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「シングルス1が一番初めに試合に入るので、試合に勝ってチームが勢いに乗れるようにしたいです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「最高の趣味であり、自分を成長させてくれる存在」


●加藤監督からの総評コメント
「新チームになってから、四国地区大会優勝を目標に取り組んできた。普段から、部員間の仲が良く、お互いに声を掛け合い、元気よく練習している。今大会も、2年生を中心に前日練習から雰囲気を盛り上げ、気合十分で臨んだ。しかし結果は悔しい準優勝、目標は達成できなかった」


「今年度は、コロナウィルスの影響で、公式戦はもちろん、練習試合や遠征の機会も大幅に減った。そういった経験不足の部分も影響し、緊張からか、普段のプレーが出せない場面も多くあった。今後も難しい状況が続くことが予想されるので、遠征や練習試合に頼らず、普段の練習の質を高めたり、いつも以上に緊張感を持って練習したりすることが重要になる。また優勝した新田高校の選手達は、各ショットの質が非常に高く、球際の強さもある。この冬、基礎練習や振り回し系の練習にしっかり取り組み、全国大会こそは、ベスト8以上という目標を必ず達成して終わりたい」


香川県立高松北高等学校の男子テニス部の皆さん、準優勝おめでとうございます。
逆境に強いチーム力をますます強化し、元気に力いっぱい練習に励み、目標達成に向けて頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は香川県立高松北高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

第43回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu