マイページ

九州地区大会男子優勝校 柳川高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

柳川高等学校の皆さん

今回の九州地区大会で男子優勝に輝いた本田健児監督率いる柳川高等学校の主将、堤野竜司(つつみのりゅうじ)選手と、S1の森田皐介(もりたこうすけ)選手にインタビューを行った。

●主将 堤野竜司さん
写真2.jpgQ:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「伝統の継承と優勝への執着心が原動力でした」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「日本一の質と量を目指しています」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「何事も自分からチームの空気感を作ることを心掛けています」


Q:今後の目標は何ですか。
「全国選抜高校テニス大会優勝!です」


●S1 森田皐介さん
写真3.jpgQ:好きなプレースタイルは?
「オールラウンダーです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
バックハンドです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
フォアハンドです」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「S1として絶対に負けられないので、先に一本を取り、相手チームにプレッシャーを与えたい。そして、全国選抜高校テニス大会優勝に貢献したいです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「家族のようなもの。テニス関連用品を大切に扱っています」


●本田監督からの総評コメント
「35回目の優勝を果たすことができ安堵感はありますが、全国大会での優勝を目指すには、まだやらなければならない課題は多く、早速取り掛かりたいと思います。ナンバー1の重責を任された森田は1年生ながら、よくやったといえるでしょう。ここでの経験がさらなる成長を促すことになるはずです。新チームは堤野主将を中心に部がよくまとまり、また高い意識集団でもあることから、再生柳川を図り全国大会へ望みます」


「これからが寒冷期のコロナ感染に対応しながらの学校生活・部活動となり、一段と自粛や制約されることが予想されます。何かと先行きが不透明な状況下で、感染対策に万全を期し、個人とチームの成長を工夫したい。とりわけ冬場は、”鍛える 錬う”をテーマに、この先に手に入れなければならないものがあると信じ、それが試合に、試合のココに、直結するものであると選手に理解させたい。前進あるのみ」


柳川高等学校の男子テニス部の皆さん、35回目の優勝おめでとうございます。全国大会優勝を目指し、まとまりあるチーム力を武器に頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は柳川高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

第43回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu