マイページ

近畿地区大会女子優勝校 相生学院高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

相生学院高等学校の皆さん

今回の近畿地区大会の女子優勝に輝いた丸尾幸弘監督率いる相生学院高等学校の主将 、矢羽多菜月(やはたなつき)選手と、S1の武本萌衣(たけもとめい)選手にインタビューを行った。

●主将 矢羽多菜月さん
写真2.jpgQ:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「チーム全員と監督の応援、そして毎日練習してきたという自信です」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「全国選抜高校テニス大会、女子4連覇・全国選抜高校テニス大会、男女アベック2連覇が目標です」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「チーム全員の見本となれるように、自分から行動する事と全員とコミュニケーションを取る事を心がけています」


Q:今後の目標は何ですか。
「昨年戦えなかった先輩方の分、私達が4連覇を目指して頑張ります」


●S1 武本萌衣さん
写真3.jpgQ:好きなプレースタイルは?
「プレースタイルはカウンターパンチャーです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「両手のフォアハンドストロークで打つカウンターショットです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「動きを速くしてチャンスがあれば、自分から攻めて前に入る事です」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「チームを勢いづけれるようなプレーをして、良い流れで次の試合に繋げたいです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「多くの選手に出会えた事と、勝つ喜びや負ける悔しさ、そして仲間の大切さを教えてくれました。全国選抜大会優勝目指して頑張ります」


●丸尾監督からの総評コメント
「このチームは昨年度優勝した時にメンバーとして入っていた武本と石川を中心に全員が遜色ない実力を兼ね備えている。またチームの団結力も高く、練習が終わった後も足りない部分を全員が補おうと努力している」


「この近畿大会で男女アベック7連覇ができ、全国に弾みがついたと思う。全国大会も男女アベック2連覇と女子4連覇に向け、日々切磋琢磨しながら頑張っていきたいと思う」


相生学院高等学校女子の皆様、優勝おめでとうございます。
毎日練習してきたという自信を力に、昨年戦えなかった先輩方の分まで、4連覇を目指して頑張ってください。


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は相生学院高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

第43回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu