マイページ

東海地区大会男子優勝校 三重県立四日市工業高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

三重県立四日市工業高等学校の皆さん

今回の東海地区大会で男子優勝に輝いた徳丸真史監督率いる三重県立四日市工業高等学校の主将、田嶋晴太朗(たじませいたろう)選手と、S1の眞田将吾(さなだしょうご)選手にインタビューを行った。

●主将 田嶋晴太朗さん
写真2.jpgQ:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「一人ひとりが練習からこの大会に向けてしっかり緊張感を持ち、自信をもって試合に臨めたことです」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「日頃から競争意識を持ち、一人ひとりがレベルアップできるように元気に明るく練習し、本番で自分たちのプレーをすることを目指しています」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「同級生だけでなく1年生ともコミュニケーションを多くとり、チーム内の雰囲気が良くなるように心がけています」


Q:今後の目標は何ですか。
「3月にある全国選抜で優勝することです」


●S1 眞田将吾さん
写真3.jpgQ:好きなプレースタイルは?
「相手に攻撃させてチャンスがあったらカウンターを狙うプレイスタイルです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「サーブとパッシングショットです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
フォアハンドのエースです」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「S1として最初にコートに入って試合をするので、自分が必ず勝って次にコートに入る仲間にいい流れを作りたいと思います」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「テニスはゲームのような感覚で、試合の中で色々なプレーをしてポイントが取れるのでとても楽しいものです」


●徳丸監督からの総評コメント
「まずはこのような状況で、全国選抜高校テニス大会に向けた県大会・地域大会が開催されたことに対して感謝をしている。大会を通して、サポートする運営の先生方や審判等の補助員の生徒たちの工夫を感じる大会となった」


「私たち四日市工業テニス部は、学校が再開された6月から新チームの体制でスタートしています。練習量が減り、合宿や遠征に行けない日々が続いていますが、自分たちが今できることをじっくりと時間をかけて取り組んでいます。今回の東海選抜に出場して、あらためて”テニスの楽しさ”、”自分を発揮する場”を実感した」


「今後の部活動でも、withコロナに対しての訓練も進めていきながら、テニスを通じて学ぶ場を大切にしていきたいと思う。来春、選手が輝く全国大会でテニスの仲間に会うことを楽しみにしている」


三重県立四日市工業高等学校の皆様、優勝おめでとうございます。
テニスの楽しさや、大切さを忘れずに。自信を持ち続けながら目標に向かって頑張ってください。


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は三重県立四日市工業高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

第43回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu