マイページ

東北地区大会 盛岡第三高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

盛岡第三高等学校の皆さん

今回の東北区大会に出場した盛岡第三高等学校、主将でS1の嶋田琴和選手にインタビューを行った。

写真2.jpgQ:部の特徴を教えてください。
「私たちは誰が上手い上手くないなど関係無しに皆の仲が良く、全員が全員を認め合うチーム力があるチームだと思います」


Q:キャプテンとして心がけていることなどありますか?
「皆の仲が悪くならないように、チームの架け橋になれるように心掛けています。ただ皆が笑い始めると中々治らなくなってしまうのでそこは大変です(笑)」


Q:そういう時はどうされていますか?
「"しーっ!"と、メンバーに言っています(笑)」


Q:学校独自の練習などありますか?
「あります、あります。結構珍しいと思いますが、私たちは男女一緒に練習していて、男子の強いボールを受けることによって女子もレベルアップを図れるというチームフェニックスの練習をしています」


Q:チームフェニックスとは?
「玉田先生という前顧問がいて、その先生がその言葉が好きだったので男女混合の練習をそう呼んでいます」」


Q:S1としてチームを率いていく上で心がけている事を教えてください。
「S1が勝つことで後の選手に良い流れを引き継げるという思いで試合に臨んではいますが、自分は中々勝つことができずに、皆に助けられることが多いので本当に感謝しています」


Q:得意なプレーを教えてください。
「粘るプレーが得意です」


Q:テニスの好きなところを教えてください。
「試練習でやったことを、そのまますぐに試合で活かせるように出来るまで、テニスはやればやる分だけ自分の伸びが感じられるのでそこが好きです」


盛岡第三高等学校のテニス部の皆さん、お疲れ様でした!
笑顔溢れる素敵なチームでした。これからも、大好きなテニスを大好きな仲間と楽しみながら目標に向かって頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー 宮崎愛伎代


※写真は盛岡第三高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

第43回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu