マイページ

東北地区大会男子優勝校 仙台育英学園高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

仙台育英学園高等学校の皆さん

今回の東北地区大会で男子優勝に輝いた佐々木洋監督率いる仙台育英学園高等学校の主将、佐藤聖璃(さとうひじり)選手と、S1の斎藤駿斗(さいとうはやと)選手にインタビューを行った。

●主将 佐藤聖璃さん
写真2.jpgQ:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「選手一人一人が勝ちにこだわりプレーをしたことはもちろんですが、会場に来れなかった仲間、保護者の支えがあっての勝利だと思います」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「どんな相手にも怯むことなく、強気な姿勢でプレーすることです」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていること。苦労していることなどありますか。
「部員一人一人の意見を尊重し、最高の環境をつくることです」


Q:今後の目標は何ですか。
「全国選抜への出場権を手に入れることで、ようやくスタート地点に立てました。勝利への意識をもちながら練習に励み、全国で勝てるチームになります」


●S1 斎藤駿斗さん
写真3.jpgQ:好きなプレースタイルは?
「粘り強くラリーをし、相手の隙をついてボレーなどで自ら切り込んでいくプレイスタイルです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
バックハンドダウンザラインです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「試合で差が出る体感や持久力などのトレーニングです」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「S1としてしっかり勝利し、チームとしての勢いをつけていきたいです。声やプレーでチームの勝利のための一本を取りたいです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「人間として成長できるものだと思います。人間関係やグループでのコミュニケーションはもちろん、人間力を鍛えられるスポーツだと思います」


●佐々木監督からの総評コメント
「今回の東北大会という結果は、エントリーメンバーの日頃の努力の結実、特にS1・D1・S2の選手が自分の持ち味、実力を充分に発揮でき、各ラウンド3-0と勝敗を決めて流れを相手に渡さずに進められたこと、加えて他にメンバーを含めた全メンバーが気持ちを一つにして試合に挑めたことから得られたものと思います」


「直前の試合で重要なポジションの選手が背中を痛めてしまいましたが、今回に何とか間に合ったことも勝ちに結び付いた重要ポイントでした」


「日頃の部員たちの生活、行動に感謝するとともに、この事をサポートしていただきました保護者の皆様に感謝します」


「メンバーたちには次の目標(全国大会)に向けて更なる精進を期待するとともに、このコロナ禍の中、何とか無事に大会が開催されることを願うものです」


仙台育英学園高等学校の男子テニス部の皆さん、優勝おめでとうございます。これからもどんな相手にも怯むことなく、強気の姿勢で更なる目標に向けて頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー 宮崎愛伎代


※写真は仙台育英学園高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

第43回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu