北信越地区大会男子準優勝 松商学園高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

松商学園高等学校の皆さん

今回の北信越地区大会男子準優勝に輝いた深草大介監督率いる松商学園高等学校、主将でS1の松本洵選手にインタビューを行った。

Q:準優勝を飾った原動力は何でしたか?
「団結力です。チームの為に何が出来るか考えて行動してきた事です」


Q:チームのキャッチフレーズと目標を教えてください。
「明るさと全国上位進出です」


Q:部を率いていく上で心掛けていることはありますか?
「メリハリをしっかりつける事です」


Q:一番得意なショットは?
バックハンドです」


Q:S1としてチームにどのように貢献したいですか?
「S1として、一生目を確実にとり、チームの雰囲気、流れを良くしたいと思っています」


Q:得意なプレースタイルを教えてください。
「オールラウンダーです」


Q:テニスの好きなところを教えてください。
「身体面、精神面だけでなく、人間性も成長させてくれる大切な存在です」


●深草監督からの総評コメント
「コロナ禍で、練習、遠征が限られる中、1人1人が課題意識を持って、部活動に励んでいた事は良かった点だと思う。しかし目標であった優勝ができず、非常に悔しさが残る大会となった。この悔しさをバネにこの冬の間、全国上位進出に向けて課題に取り組んでもらえればと思う」


松商学園高等学校の男子テニス部の皆さん、準優勝おめでとうございます。
これからも各選手が課題意識を持ち練習に励み、今回の悔しさをバネに全国大会上位進出を目指して頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー 宮崎愛伎代


※写真は松商学園高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

PAGE TOP
menu