北信越地区大会女子準優勝 仁愛女子高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

仁愛女子高等学校の皆さん

今回の北信越地区大会女子準優勝に輝いた冨田典江監督率いる仁愛女子高等学校主将でS1の芹川楓花選手にインタビューを行った。

写真2.jpgQ:今回の地区大会を振り返っての感想は?
「松商学園高校に負けてしまいましたが、皆この大会で目標や課題が見つかったと思うので、また次の大会にむけて頑張っていきたいと思います」


Q:目標を教えてください。
「まもなくJOC(ジュニアオリンピックカップ)があるので、また北信越で優勝できるように頑張ることと、今度こそは次の団体戦で優勝できるように頑張りたいです」


Q:キャプテンとして心掛けていることはありますか?
「皆をまとめることは勿論ですが、自分が一番声を出したり、しっかりと先頭を走れるように常に走ってきたつもりです」


Q:S1としての心構えを教えてください。
「しっかりと自分が一本をとるつもりで頑張ってきました」


Q:得意なプレーを教えてください。
「自分はどんどん打ってポイントをとるタイプなので、左右に振ったりしながらチャンスボールを待ってそれを決めるのが自分の得意なプレーのパターンです」


Q:キャプテンとしてチームを強化したいところなどありますか?
「部員全員で協力してプレーすることや、声をしっかり掛け合うことを強化していきたいと思っています」


Q:テニスの好きなところを教えてください。
「この高校に入り、皆に応援してもらう事がとても嬉しかったり、自分がチームを率いる事の楽しさも分かったので、テニスをしていて本当によかったと思っています」


●冨田監督からの総評コメント
「一人一人持っている力はあるので、テニスは勿論、気持ちの面など色々な面で鍛え直して三月の全国大会を頑張れたらと思っています」


仁愛女子高等学校の女子テニス部の皆さん、準優勝おめでとうございます。
チームをまとめる芹川主将の想いが、チームのみんなに伝わっていると試合を通じて感じました。これからも、目標に向けてチーム一丸となり頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー 宮崎愛伎代


※写真は仁愛女子高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

PAGE TOP
menu