マイページ

北海道地区大会女子準優勝校 北海道科学大学高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

北海道科学大学高等学校の皆さん

今回の北海道地区大会で女子準優勝に輝いた山岸徹郎監督率いる北海道科学大学高等学校の主将でS1の黒岩菜々花(くろいわななか)選手にインタビューを行った。

写真2.jpgQ:準優勝を飾った原動力は何でしたか?
「昨年度は創部1年目で、全国選抜高校テニス大会の出場を決めていたが、中止になってしまったので、"今年こそは"という気持ちです」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「みんなが自信を持ってプレーをすることです」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることはありますか。
「部員みんな仲が良いので、その仲の良さを生かして、楽しくテニスをしながら、メリハリをつけて部員をまとめること」


Q:今後の目標は何ですか。
「北海道で1番になること。そして全国でも勝っていけるようなチームになることです」


Q:プレースタイルは?
「フォアハンドストロークで攻めていく展開をつくるスタイルです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「フォアハンドのクロスボールです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
ネットプレーです」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「シングルスでもダブルスでも自分が出場する試合は、先に勝つことでチームに良い流れをつくりたいです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「様々な面で自分をプラスに変えてくれた存在です」


●山岸監督からの総評コメント
「実力のある2年生に、1年生が加わりバランスが良く弱点の少ないチームとなった。札幌支部大会の結果によりS1が入れ替わったように、メンバーの実力が拮抗しており、いろいろなオーダーで試合に臨むことができる。決勝までは危なげなく1つも落とさず勝ち上がることができた。決勝は格上の相手にチャレンジし、序盤は競りながらゲームが進み、こちらの考えていた流れになりかけたが、最後は押し切られてしまった。しかし、創部から2年連続の準優勝は良い結果といえる」


北海道科学大学高等学校の女子テニス部の皆さん、準優勝おめでとうございます。
創部から2年連続の準優勝は、素晴らしい大躍進だと思います。これからもチーム仲良く、しかしメリハリをつけた練習を楽しみながら更なる大躍進に向けて頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー 宮崎愛伎代


※写真は北海道科学大学高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

第43回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu