北海道地区大会男子3位校 帯広北高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

帯広北高等学校の皆さん

今回の北海道地区大会で男子3位に輝いた北浦真斗監督・斉藤啓太監督率いる帯広北高等学校の主将の秋元悠(あきもとゆう)選手と、S1の松本薫(まつもとかおる)選手にインタビューを行った。

●主将 秋元悠さん
写真2.jpgQ:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「全国を目指したいという気持ちと仲間が共にがんばっている姿です」


Q:チームのキャッチフレーズ(目指していること)を教えてください。
「全国優勝です!」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることなどありますか。
「みんなが過ごしやすい部活をつくり、時にはぶつかりあって本音で話しあえるような部活にすることを心掛けています」


Q:今後の目標は何ですか。
「3位という結果になってしまったけど、ここで落ちないで次、確定で全国に行けるように練習を取り組んでいきます」


●S1 松本薫さん
写真3.jpgQ:松本選手のプレースタイルは?
「チャンスを作り、ボレーで決めるスタイルです」


Q:一番得意なショットは何ですか?
フォアハンドです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「メンタルに一番力を入れています」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「S1なので、自分が勝てば流れをつくれるし、自信につながると思うのでS1は勝って流れをつくっていく事でチームに貢献していきたいです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「仲間と分ちあえるもの。唯一がんばれるものです」


●監督からの総評コメント
「1年生も2年生も意識が高く、テニスが心から好きなチーム。自分たちのウィークポイントをなくすように、心技体、全てにおいて練習を積んできた。松本・観野の2人を中心に、テニス初心者も含めて、全員で練習を積んできたため、チーム力が非常に高い。練習やトレーニングだけでなく、ミーティングも必ず週1回は行っているため、自分たちを客観視して、常に高みを目指すことができる。「誰からも認められる勝ち」という言葉をテーマに部活動を行ってきたため、テニスの面だけでなく皆から愛されるチームである」


「目指すは日本一、その目標を本気で達成しようとするチームである」


 
帯広北高等学校のテニス部の皆さんのテニスにかける熱い想いと情熱がインタビューから伝わってきました。これからも大好きなテニスをチーム一丸で楽しみながら日本一を目指し頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー 宮崎愛伎代


※写真は帯広北高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

PAGE TOP
menu