マイページ

「記憶に残る試合をします」日本大学三島高等学校【第42回全国選抜高校テニス大会】

日本大学三島高等学校の皆さん

地区大会を勝ち抜いた出場校をご紹介!
今回は、日本大学三島高等学校の皆さんにインタビューに答えていただいた。


Q:全国大会に向けての意気込みを教えてください。


「メンバーの大半が全国大会初出場の選手の中、一戦必勝を目標として挑みます」


Q:チームの魅力はなんですか?


「何処の部活よりも多くのミーティングを重ね、日ごろのコミュニケーションを欠かさない点がチームの良さである。日々培ってきた、チームの力をぶつけて勝利をつかみます」


Q:全国選抜高校テニス大会に向けてチームとして変わったこと、成長したと思うことはありますか?


「団結力、人間力を活かし、与えられた場所で戦い抜く意識です。最高のパフォーマンスをするためにも、チームを信じ、チームを愛し、最高の仲間と全国の地で戦えることを力に変え、記憶に残る試合をします」


Q:全国選抜高校テニス大会に向けて特に意識したことは?


「我々のチームは部員10人という人数の少ない部活で、スーパースターのような選手はいません。だからこそ、チーム力を大切にしてきました。テニスは技術だけではなく、メンタル面も大きく左右されるスポーツです。特に、団体戦ではチームの団結が重要となってくるため、技術だけでは補いきれない部分を声や応援でカバーし、実力以上のものを発揮できるよう、チーム全員で戦います」


Q:他のチームにこれだけは負けない!というアピールポイントは?


「他の何処のチームよりも多くのミーティングを重ね、日ごろのコミュニケーションを欠かさない点がチームの良さです」


Q:部活内で流行っていることは?


「部活以外の日常生活のなかでも、嬉しいことやラッキーなことがあったときにカモン!とつい言ってしまう癖がついて、今では些細なことでもカモン!と言ってガッポーズをしています」


Q:最近部内であった面白エピソードはありますか?


「試合帰りに後ろから自転車が来ていて危なかったときに、おもわず自転車ケアと大きな声で言ってしまったこと」


頑張れ!日本大学三島高等学校


※第42回全国選抜高校テニス大会、団体戦は新型コロナウィルスの対策から開催が見送られますが、出場予定だった学校の紹介となります。


個人戦男女優勝者には本年もスペシャルパートナー、ウィルソンよりUSオープンジュニア 予選のワイルドカードが進呈され、選抜から世界へ羽ばたく道が用意されています。


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は日本大学三島高等学校の皆さん(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)


第42回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu