マイページ

中国地区大会男子優勝校 岡山理科大学附属高等学校インタビュー【第42回全国選抜高校テニス大会】

岡山理科大学附属高等学校の皆さん

今回の中国地区大会で男子優勝に導いた松村道則監督率いる岡山理科大学附属高等学校の主将の藤岡拓実(ふじおかたくみ)選手とS1の藤井悠人(ふじいゆうと)選手にインタビューを行った。

●主将 藤岡拓実さん

2岡山理大附・主将.jpgQ:優勝の原動力は何でしたか?


「自分たちが"下手くそ"ということに向き合い下手でも勝てるんだと全員が思い、お互いを奮い立たせた事です」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。


「全国制覇です」


Q:主将としてチームを率いる上で心がけている事は?


「個性が強いチームなので、その個性をもっと伸ばす事です」


●S1 藤井悠人さん

3岡山理大附・S1.jpgQ:S1の選手として一番得意なショット・プレースタイルは何ですか?


「フォアハンドストロークで攻撃していくスタイルです」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?


「無敗のS1になることです」


Q:テニスの好きな点は?


「頭を使い、良い形でポイントが取れた時!」


●監督からの総評
「自分達は上手くないと自覚し、ひたむきに取り組み力をつけてきたチーム。発展途上のチームなだけに試合の中でも成長していくことができ、予選では予想以上の力を発揮してくれた」


これからもひたむきな努力を続けて頑張れ、岡山理科大学附属高等学校テニス部!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は岡山理科大学附属高等学校の皆さん(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

第42回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu