マイページ

東北地区大会 テニス大好き!!岩手高等学校編【第42回全国選抜高校テニス大会】

岩手高等学校の皆さん

岩手高等学校の皆さんに、得意なプレーや部活での様子など「テニス大好き!!」の気持ちを語っていただいた。

●主将 戸塚聖晟さん(2年)

2.jpgQ:主将として心掛けている事を教えてください


「飛び抜けた選手が集まっているようなチームではないので、皆で協力して一本を取るようなチームを目指しています」


Q:チームの強みを教えてください


「毎日一時間かかるテニスコートで練習しているので、自転車で往復二時間の移動もトレーニングになっています」


Q:テニスの好きなところを教えてください


「僕はダブルスが凄く好きですが、力を合わせて二人で一本取って、なおかつチームとして勝てるところがテニスの好きなところです」


●S1 阿久津晋太さん(2年)

3.jpgQ:S1として心掛けていることを教えてください


「S1は一番最初に勝ってチームに勢いをつける場所なので、勝たなくてはいけないと意識をしています。負けたとしてもできるだけ粘り、勝てる時にはしっかり勝って勢いをつけようという意識は確実につけています。」


Q:得意なプレーを教えてください。


「自分はラリーが武器なので、そこを活かし、前に詰めてボレーで決めるというパターンです」

Q:テニスの好きなところを教えてください。


「先日も一人で神奈川に行きましたが、テニスを通じて各県の人たちとプレーを通じて仲良くなる事ができ、いずれは海外でもテニスを通じて、コミュニケーションの場とできる部分が好きです」


錦織圭選手の雰囲気を持つ村井裕太さん(1年)

4.jpgQ:第一印象で錦織選手ファンではと思ったのですが?


「はい!錦織選手が凄く好きなのでラケット等も一緒にし、フォームとかも綺麗なので、プレーもお手本にしています」


Q:錦織選手に近づくために努力している事はありますか?


「地道に練習していくのが一番大事だと思うので、トレーニングを怠らずに頑張っていきます」


小学生時代からテニスを通じての付き合いがある主将とS1の二人の助け合いの絆が、部をまとめる中でキラリと光っていた岩手高等学校。
また魅力的なテニス選手がいる事は、テニスに対しての想いに繋がり、高いモチベーションとなり、高校生テニス人口を増やす事に繋がるのだと改めて思った。
これからも頑張れ!岩手高等学校


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー 宮崎愛伎代


※写真は岩手高等学校の皆さん(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

第42回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu