マイページ

女子は相生学院が2連覇を達成【第40回全国選抜高校テニス大会】

表彰を受けた相生学院メンバー

女子決勝はシード勢の対決となった。2連覇を狙う相生学院(兵庫)と仁愛女子(福井)である。女子決勝もS1、D1、S2の3面展開で行なわれた。

03-25_03-02.jpg1番最初に勝利をモノにしたのは、相生S2の中島美夢だ。両腕にテーピングをしており少し痛々しい姿だが、本人は「テーピングはかなりきつくしていたけど、まったく気にならないぐらい集中していました」という状態で快勝した。

03-25_03-03.jpgその頃、隣のコートで競った試合をしていた相生のS1伊藤さつきは、「隣のコートが1勝してくれて気持ちが楽になって思い切りできました」と、1セットダウンから挽回し始める。仁愛のS1でキャプテンでもある押川千夏は、何が何でもほしい白星だったが、「絶対に自分が取って追いつかないと」という思いが多少プレッシャーになったかもしれない。徐々にミスが増え始めた押川に対し、相生の伊藤は自信を持ってプレーをして、S1で値千金の勝ち星を挙げた。相生は選手層が厚いため、序盤で2つ勝てると、かなり勝利は近くなる。

03-25_03-04.jpg相生はD1を落とすものの、D1と見劣りしない実力を持つD2の人見麗・田中菜冴美組が期待通りの勝利を挙げて、相生の優勝が決定した。

「本当にほっとしました」と相生の丸尾幸弘監督。相生は昨年の優勝メンバーが1人抜けただけなので、それで勝たないわけにはいかないというプレッシャーがあったのだ。相生学院の男子は準決勝で敗退したため、2年連続のアベック優勝とはならなかったが、男子チームからのエールもあり、「男子のぶんも勝とう」という思いで見事2連覇達成。メンバーはうれし涙を流しながら、皆で抱き合って喜んだ。

◇相生学院(兵庫)3-1 仁愛女子(福井)

日程
団体戦 3月21日~25日
個人戦 3月22日~23日(予選)
    3月24日~26日(本戦)
会場は博多の森テニス競技場、春日公園テニスコート

※天候等により日程が変わる場合があります。

(©スマッシュ

※写真は表彰を受けた相生学院メンバー
(©スマッシュ)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu