全国出場から一歩先を模索する共愛学園【第40回全国選抜高校テニス大会】

シングルス1の齊藤ななみ

共愛学園(群馬)は1回戦を勝利し、2回戦の相手はシードの野田学園(山口)。シングルス1の齊藤ななみが善戦するも惜しくも敗れ、ダブルス1の茂木里奈・小野寺杏奈組も追い上げをみせたが勝利には届かず、0-5で敗退となった。

03-22_01-02.jpg激戦区の関東で4位に入っており、2年連続で全国選抜に出場している。3年前から共愛の監督を務める、テニス部監督歴が30年以上のベテラン矢澤康弘監督は、「少しずつ言っていることが浸透してきました」と、ポイントの取り方など基本的な部分が上達していることが、全国連続出場につながっていると言う。

03-22_01-03.jpgそんな共愛の課題は、全国でシード校に勝つことである。県や地区レベルだと自分のショットで打ち勝てても、全国では思い通りにはいかない。監督はそこを打開するには、フィジカル強化が必要になってくると考えている。シングルス1の齊藤に聞くと、「声です。今日は野田学園の応援に飲み込まれた部分もありました。1人ではなく全員で声を出していかないと、相手にも仲間にも(思いが)届かないと思います」と、団体戦ならではの選手だけではない、チーム力の差を挙げた。

03-22_01-04.jpg全国常連校は声を出してチーム全体で戦っている学校が多い。そういう雰囲気を感じられた経験を生かし、さらに先に進むための戦いがこれから始まる。

03-22_01-05.jpg◇共愛学園(群馬)0-5 野田学園(山口)

日程
団体戦 3月21日~25日
個人戦 3月22日~23日(予選)
    3月24日~26日(本戦)
会場は博多の森テニス競技場、春日公園テニスコート

※天候等により日程が変わる場合があります。

(©スマッシュ)

※写真はシングルス1の齊藤ななみ
(©スマッシュ)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu