マイページ

出場校選手インタビュー 早稲田実業学校(男子)【第40回全国選抜高校テニス大会】

写真は「全国選抜高校テニス大会」に出場する早稲田実業学校の主将(S1)丹下将太さんと監督の玉井邦彦さん

全国選抜高校テニス大会に出場が決まった選手・監督に、大会に対してのインタビューにお答えいただきました。
全国大会出場が決まったときの気持ちや目標について語っていただきました。

早稲田実業学校(男子)

●主将(S1) 丹下将太さん 2年
・全国大会出場への意気込み
「優勝を目標に掲げ、日々の練習に取り組んできました。1人1人が平常心で試合に臨み、日頃の力を出し切れるように、チーム全員で盛り上げていきたいです」

「また、我々早実の力は、チームワークで発揮されるので、『全員で勝つ』を合言葉に一試合一試合をやり切ることで目標を何としても達成したいと思います。 

・どんなチームですか?
「1年生と2年生で分け隔てなく、仲がよく、まとまりのあるチームです。個性豊かなキャラクターが揃っており。エネルギーに満ち溢れています。」

・全国大会に挑む想いや目標
「個人戦に出場できることをチームメイトに感謝し、自分の持てる力を出し切り、最後にUSオープン予選のワイルドカードを掴むまで、とことん戦うつもりです。高校生最後の年にグランドスラムに出場する夢をかなえ、世界を体験することが出来たら、テニスだけでなく人間としても成長出来ると思っています。」

「絶対に最後まであきらめずに、目標を見据えて進んでいきたいです。この全国選抜という大きな舞台ではありますが、リラックスして自分らしい強気なプレーをしていきたいです。シングルス1として出させて頂くからには、優勝目指して全力で戦いたいと思います。個人でも団体でも再考の結果を残せるよう、1戦1戦悔いのないよう早実としての誇りを持って臨みたいです。」

・勝つ為に心がけていること
「強い気持ちを持ち続けることに関しては誰にも負けません。絶対に諦めることなく、最後まで戦い抜きます。」

●監督 玉井邦彦さん
・全国大会出場に向けて
「全国大会出場の前に、一人の高校生としてまずは学校生活に全力を尽くし、勉強とテニスとの文武両道を実践してもらいたいと思っています。全国大会で勝つことはもちろん大切ですが、その先の社会に出て活躍できる人材になってもらいたいと日頃から考えています。仲間と力を合わせて、一つの目標に向かって努力する経験は将来、必ず生きてくるはずです。団体戦優勝、個人戦優勝を達成し、仲間達と感動を分かち合ってもらいたいです。」


早稲田実業学校の皆様ありがとうございます。

第40回全国選抜高校テニス大会は2018年3月20日(火)~26日(月)
博多の森テニス競技場、春日公園テニスコート(福岡県)にて開催。

※写真は「全国選抜高校テニス大会」に出場する早稲田実業学校の主将(S1)丹下将太さんと監督の玉井邦彦さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu