マイページ

九州地区大会 男子優勝校 柳川高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

九州地区大会の様子

今回の九州地区大会で男子優勝校に輝いた本田健児監督率いる柳川高校の主将でS1の森田 皐介(もりたこうすけ)選手にインタビューを行った。

写真2.jpgQ:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「”仲間同士を信じあい、最後まで戦い抜く”という気持ちです」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「一戦・一戦(その瞬間)を全力で戦うことと、その時にできうる最大限を発揮することです」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「S1という立場で戦い、まず一勝を勝ち取りチームに勢いをつける事と、チーム全体に対して声を出し、チームのまとまりを出すことです」


Q:今後の目標は何ですか。
「全国選抜高校テニス大会での優勝、そしてインターハイでの優勝です」


Q:好きなプレースタイルは?
「オールラウンダーです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「まわり込んでフォアハンドからボレーです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「チームに隙が無いようにまとめることです」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「悔いが残らないように、その戦いを全力で戦い勝利して、チームに勢いをもたらす事です」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「小さい頃からテニスをしてきたので、家族のような存在です」


●本田監督からの総評コメント
「トーナメントをよく勝ち抜いた。決勝では、S1の”森田”がまず一勝しチームに勢いをもたらした。相手校のS1である”高妻”とは昨年の九州選抜決勝でも戦っており、それ以降、数回戦っている。そんな中で勝利したことは森田自身にとってももちろん、チームにも良い影響を与えただろう。S2は1年生ながら、団体戦の流れを引き寄せる勝利をつかみ取ったことを賞賛したい。S3はプレッシャーのかかる中、勝ち切ることができたことが大きな成長だった。ダブルスは、ペアを組んでまだ日が浅いが、よく戦った。良いところは自信をもたせつつ、課題を一つずつ克服していきたい」


「今大会で生徒たちは貴重な経験を積むことができた。この経験を糧に、全国選抜高校テニス大会優勝に向けて、”何をどれだけするのか?”を明確にしながら努力を積み重ねていきたい」


柳川高校の男子テニス部の皆さん、優勝おめでとうございます。
仲間同士を信じあい、最後まで戦い抜く気持ちを大切に、これからも全国大会目指して頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は九州地区大会の様子
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニスイッチ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。
現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細は
こちら>>

第44回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu