マイページ

東海地区大会リポート【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

東海地区大会の様子

全国的に新型コロナ感染が収まっている時期ではあったものの、今年の東海地区大会も無観客で運営を行った。

大会1日目は1回戦、準決勝、敗者復活1回戦が予定通り行われた。
近年の東海地区はレベルが高く、今回も好ゲームが数多く見られた。
中でも昨年の全国選抜大会でベスト4に入った名経大市邨と日大三島、岐阜県優勝校の県岐阜商と椙山女学園の対戦は共にシングルス3に勝負がかかる大熱戦であった。結果は紙一重の差で日大三島と県岐阜商が勝利した。


そうした厳しい戦いをくぐり抜け、男子は四日市工と岐阜県の麗澤瑞浪が、女子は四日市商と静岡市立が決勝への切符を手にした。


写真2.jpg


2日目は決勝戦と順位決定戦が行われた。決勝戦は例年通り3セットマッチ。
これは、全国大会を見据えてのことで、東海地区代表校が近年好結果を収めている要因の1つだと思われる。


男子は四日市工が麗澤瑞浪との接戦を制し2年連続12回目の優勝、女子は四日市商が静岡市立に3-1で勝利し4連覇を達成した。3位決定戦は男子名古屋、女子愛知啓成が、5位決定戦は男子静岡市立、女子椙山女学園が昨年度全国大会に出場している関に勝利し、2日間の戦いは幕を閉じた。


静岡県高等学校体育連盟テニス専門部委員長 岡本直哉


※写真は東海地区大会の様子
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニスイッチ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。
現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細は
こちら>>

第44回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu