マイページ

東海地区大会 女子優勝校 三重県立四日市商業高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

東海地区大会の様子

今回の東海地区大会で女子優勝校に輝いた金山敦思監督率いる北三重県立四日市商業高等学校の主将、義基慧(よしもとさとい)選手とS1の小林海夢(こばやしかのん)選手にインタビューを行った。

●主将 義基慧さん


写真2主将写真(四日市商業).jpg


Q:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「全員が優勝という1つの目標に向けて練習してきたことです」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「全国優勝です」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「人数が少ない分、全員とコミュニケーションを取り、明るい雰囲気のチームでいられるように心掛けています」


Q:今後の目標は何ですか。
「全国選抜を2連覇することと、周りから応援されるチームになることです」


●S1 小林海夢さん


写真3S1選手写真(四日市商業).jpg


Q:好きなプレースタイルは?
ロブスライスネットプレーなど多彩なショットを使って相手のペースを崩していくプレースタイルです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「ドライブボレーです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「どんなボールもコートに深く返してしつこくプレーすることです」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「S1は最初にコートに入って試合をするので、声を出しながら元気よくプレーして、自分がしっかり勝ちきり、次に試合をする仲間に良い流れを作りたいです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「自分を大きく成長させてくれるものです。テニスを通じて生活面や人間性など、テニス以外のことの大切さを教えてくれます」


●金山敦思監督からの総評コメント
「今大会の第44回全国選抜高校テニス大会東海地区大会で4年連続4回目の優勝を飾ることが出来ました」


「本校テニス部は部員数が8名しか在籍していませんが、少ないが故にチームのまとまりが有り、一致団結して戦った結果だと思います。決勝戦においてはD1が接戦となり、1stセットタイブレークでの先取が勝敗を左右する展開となりました。そんな中、S2の髙山揺が1番先に1stセットを先取し、チームに勢いをもたらしてくれました。またS1も負けはしたものの、しぶとく相手に食らいつき簡単に負けない団体戦らしい試合をしてくれました」


「今大会は1年生が多く若いチームですが全部員が同じ目標を持ち、少数精鋭で日本一の連覇を目指して頑張ります」


三重県立四日市商業高等学校の女子テニス部の皆さん、優勝おめでとうございます。
少数チームでもチームの思いは一つ!日本一の全国大会連覇を目指して、これからも頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は東海地区大会の様子
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニスイッチ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。
現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細は
こちら>>

第44回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu