北信越地区大会 男子優勝校 北陸高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

北信越地区大会の様子

今回の北信越区大会で男子優勝校に輝いた岡本光平監督率いる北陸高等学校の主将でS1の大沼広季(おおぬまこうき)選手にインタビューを行った。

写真2.jpg
Q:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「やはり監督の指導があったからこその優勝で、試合前の練習でアドバイスを言ってくださったり、試合の時にベンチに監督がいるだけでみんな集中してプレーできたりしたこが勝利に結びついたと思います」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「昨年は、県予選、北信越ともに優勝したが、全国大会はベスト16で終わってしまった。今年は、それ以上の戦績、「優勝」を目指しています」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「チーム全員が同じ目線で一人でも違う方向に向かないようにコミュニケーションを密に取って、今チームで目指していることが達成できるように心がけています」


Q:今後の目標は何ですか。
「全国選抜で団体・個人ともに優勝し、歴史に名を刻めるような人間になることです」


写真3.jpg


Q:好きなプレースタイルは?
「常にハードヒットしていく攻撃的なプレーで相手を前後左右に振り、最終的にネットプレーでポイントをクローズしていくようなスタイルです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「攻守を一瞬で変えることのできる、回り込みの逆クロスには自信を持っています」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「シングルス1は、どの高校の選手たちもトッププレーヤーばかりなので、そういった選手に勝てるようにフィジカル・メンタルの強化、相手を翻弄するような展開力を身につけていくことに力を入れています」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「試絶対的なエースとしてチームに1勝を与え、チームの勝ちに貢献していきたいです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「自分にとって足りないものを気づかせてくれ、なおかつ人として成長させてくれる存在です」


●岡本光平監督からの総評コメント
「今年の夏のインターハイや全日本ジュニアを終え、新チームとして準備していく時間が限られたなかで、キャプテン兼NO.1登録である大沼広季を中心にチーム全員が目的を共有し試合に挑めたことが、今回の結果に繋がったと思う。しかし、課題は多く今大会も試合運びが不安定な場面が多く、相手のエラーに助けられた部分も多かった。昨年も北信越選抜で優勝できたが全国選抜ではベスト16という悔しい結果で終わってしまったので、目標とする舞台で力を発揮できるよう、チーム全体で昨年の反省を共有しつつ、力をつけていきたいと考えている」


北陸高等学校の男子テニス部の皆さん、優勝おめでとうございます。
フィジカル・メンタルの強化、相手を翻弄するような展開力を更に身につけ、これからも全国大会目指して頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は北信越地区大会の様子
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニスイッチ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。
現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細は
こちら>>

第44回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu