北信越地区大会 女子優勝校 松商学園高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

北信越地区大会の様子

今回の北信越地区大会で女子優勝校に輝いた山田 哲生監督率いる松商学園高等学校の主将でS1の砂田未樹(すなだみき)選手にインタビューを行った。


写真2.jpgQ:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「仲間の存在と3年生の先輩方の応援、指導していただいた先生方、そしていつも陰ながら支えていただいた保護者の方々のおかげだと思っています」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「日本一です。そして、一人ひとりが練習をストイックに取り組み、チーム全体が1つになることです」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「団体戦の試合中、誰よりも声を出して、みんなが不安にならないように心がけています。そして、部員全員としっかりコミュニケーションをとることです」


Q:今後の目標は何ですか。
「チーム一丸となって全国優勝することです」


写真3.jpg


Q:好きなプレースタイルは?
「後ろで攻めて、チャンスが来たら前につめて、ネットプレーで決める!」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「フォアの逆クロスとドライブボレーです」


Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「誰よりも自分に厳しく、練習に取り組んでいることです」


Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「試合に最初に入る私が絶対に勝って、チームに勢いをつけて勝利に貢献したいです」


Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「私の人生の中で、なくてはらなない存在です」


●山田哲生監督からの総評コメント
「今回の優勝は、今日会場に入れなかった3名の選手を含め、いつも一緒に練習している"
部員全員"で勝ち取った優勝だと思っています。そして、保護者の方々をはじめ、いつも陰ながら支えていただいてる方々のおかげで優勝することができました。本当にありがとうございました」


「普段の練習では「考えてテニスをすること」を意識して取り組んできましたが、昨年に引き続きコロナ禍で強化遠征がなかなかできず、今年も公式戦を通して成長してきた、という印象を持っています。この北信越大会では、慎重にいきすぎて試合の立ち上がりが固くなったり、大事な場面で「攻めの姿勢」を貫けなかったりと、課題が多く残る大会となりました。この冬、ストイックに練習してそれを克服し、キャプテンの砂田未樹を中心に"全国優勝"を勝ち取れるチームにしたいと思っています」


松商学園高等学校の女子テニス部の皆さん、優勝おめでとうございます。
「チーム一丸」の気持ちを大切に、テニスに楽しみながら取り組み、これからも全国大会目指して頑張ってください!


全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代


※写真は北信越地区大会の様子
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニスイッチ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。
現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細は
こちら>>

第44回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu