マイページ

北海道地区大会リポート【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

北海道地区大会の様子

今年もコロナ禍のため、開催することが出来るか心配されていた中、苫小牧市保健所などの関係各所からの助言を頂きながら、細かなところまで感染対策を検討した。

写真2.jpg


昨年に引き続き無観客、さらに入場制限を加え、いつもの年とはかなり様子が異なっていたが、選手たちからは大会が開催されることへの喜びと、勝利への熱い思いが伝わって来る、熱戦の多い大会となった。

写真3.jpg男子は札幌光星高等学校、女子は北星学園女子中学高等学校がそれぞれ悲願の初優勝。


男子準決勝第1試合は海星学院と札幌藻岩の試合が行われた。


白熱のS1を勝利した海星学院がS1、S2、S3を勝ち、海星学院が初めての決勝進出を決めた。


第2試合は札幌光星と帯広北の対戦。S2は帯広北が圧倒し、S1を勝利した札幌光星がD1、D2そのまま勝ち切り、2年連続の決勝進出となった。


決勝戦は日が沈み気温も一桁となり大変寒い中の試合ではあったが、初優勝を目指す海星学院と札幌光星で行われた。


今大会、抜群の安定感で試合を進める札幌光星のS1長峰君は、この試合でも大切なポイントでウィナーを重ね勝利を収めた。


海星学院との順位決定戦に進むための札幌藻岩と帯広北の対戦も、最後S3のタイブレークまでもつれまたが帯広北が2位決定戦に進んだ。大会3日目、5面展開で行われた2位決定戦は、S2、D2を帯北、S3、S1を海星学院が取ったが、D1を帯北が取り、帯広北高等学校が第2位となった。

写真4.jpg女子準決勝第1試合は、北星女子と3年連続優勝を目指す札幌光星が対戦。


S1、S2を札幌光星、D1、D2を北星女子、S3に勝敗の行方は託された。白熱した試合を制したのは北星女子で、3大会振りの決勝進出となった。第2試合は、立命館慶祥と札幌西で行われたがD1、S3を立命館がさらにD2も取り、粘る札幌西に勝利し4大会ぶりの決勝進出となった。どちらも初優勝を目指す決勝戦は、S1がもつれる中、D1、S2、D2を取った北星学園女子中学高等学校が初優勝となった。


立命館慶祥との順位決定戦に進むための札幌光星と札幌西の対戦は、S1、D1を札幌西、S2、S3を札幌光星が取り、タイブレークまでもつれたD2の対戦結果にゆだねられ、札幌光星が勝利を収めた。


2位決定戦は、S1、S2を札幌光星、D1、D2を立命館が取り、S3を札幌光星が取り、札幌光星高等学校が第2位となった。


大会に関わったすべての人が、素晴らしい大会を開催するために協力を頂いたことに心から感謝する。


北海道高等学校体育連盟テニス専門部専門委員長 川口浩史


※写真は北海道地区大会の様子
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

第44回全国選抜高校テニス大会の関連記事

PAGE TOP
menu