マイページ

トップ5の選手たちも参戦!「ビリー・ジーン・キング・カップ」出場国メンバー一覧

2019年「フェドカップ」で16年ぶりに優勝したフランス代表

4月16日・17日に開催される女子テニスの国別対抗戦「ビリー・ジーン・キング・カップ」(旧「フェドカップ」)プレーオフ。16ヶ国が2ヶ国ずつに分かれて、2022年に行われる「ファイナルズ」への出場権をかけて争われるこのプレーオフの、対戦カードと出場国のメンバーがITFにて発表された。


世界ランキング3位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)、世界5位のエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)のように世界トップクラスの選手たちも出場する。また、ルーマニア、カザフスタンは監督が選手兼任として登録されており、指揮を執りつつコートに立つかも気になるところだ。


ウクライナと敵地で対戦する日本は、世界172位の内藤祐希をはじめ、選手は全員代表初選出。前身の「フェドカップ」時代からチームを率いており、選手としても代表戦経験の豊富な土橋登志久監督の指導力も注目だ。


プレーオフの組み合わせ、出場メンバーは以下の通り。(※ランキングはすべて2021年4月12日付のシングルスランキング)


<ポーランド対ブラジル>
●開催場所:Hala Na Skarpie/ビトム(ポーランド)
●サーフェス:室内ハードコート
●対戦成績:ブラジルの1勝0敗


■ポーランド
マグダ・リネッテ(世界51位)
カタジーナ・カバ(世界133位)
マグダレナ・フレッヒ(世界157位)
ユルスラ・ラドバンスカ(世界227位)
パウラ・カニア(世界696位)
監督:Dawid Celt


■ブラジル
Gabriela Ce(世界251位)
Laura Pigossi(世界326位)
Carolina Meligeni Alves(世界342位)
Luisa Stefani(世界767位)
監督:Roberta Burzagli



<イギリス対メキシコ>
●開催場所:National Tennis Centre/ロンドン(イギリス)
●サーフェス:室内ハードコート
●対戦成績:イギリスの1勝0敗


■イギリス
ヘザー・ワトソン(世界68位)
ハリエット・ダート(世界148位)
ケイティ・スワン(世界249位)
Jodie Burrage(世界241位)
ケイティ・ブルター(世界291位)
監督:アン・ケタボンヌ


■メキシコ
マーセラ・ザカリアス(世界285位)
Giuliana Olmos(世界434位)
Fernanda Contreras Gomez(世界471位)
Julia Garcia Ruiz(世界ランキングなし)
監督:Agustin Moreno



<セルビア対カナダ>
●開催場所:Sport Hall Ibar/クラリェボ(セルビア)
●サーフェス:室内ハードコート
●対戦成績:セルビアの2勝1敗


■セルビア
ニーナ・ストヤノビッチ(世界87位)
オルガ・ダニロビッチ(世界162位)
アレクサンドラ・クルニッチ(世界220位)
イバナ・ヨロビッチ(世界237位)
Lola Radivojevic(世界ランキングなし)
監督:ドゥサン・ベミッチ


■カナダ
レイラ・フェルナンデス(世界72位)
リベッカ・マリーノ(世界230位)
Carol Zhao(世界421位)
シャロン・フィッチマン(世界ランキングなし)
監督:ハイディ・エル タバック



<ラトビア対インド>
●開催場所:National Tennis Centre Lielupe/ユールマラ(ラトビア)
●サーフェス:室内ハードコート
●対戦成績:初対戦


■ラトビア
アナスタシア・セバストワ(世界47位)
エレナ・オスタペンコ(世界52位)
ディアナ・マルシンケビカ(世界275位)
Daniela Vismane(世界490位)
Patricija Spaka(世界ランキングなし)
監督:Adrians Zguns


■インド
Ankita Raina(世界174位)
Ratuja Bhosale(世界419位)
Zeel Desai(世界568位)
Karman Thandi(世界621位)
サーニャ・ミルザ(世界ランキングなし)
監督:Vishal Uppal



<ウクライナ対日本>
●開催場所:Elite Tennis Club/チョルノモルスク(ウクライナ)
●サーフェス:クレーコート
●対戦成績:初対戦


■ウクライナ
エリナ・スビトリーナ(世界5位)
マルタ・コスチュク(世界84位)
カタリナ・ザワツカ(世界126位)
ナディヤ・キチェノク(世界881位)
リュドミーラ・キチェノク(世界ランキングなし)
監督:ミカエル・フィリマ


■日本
内藤祐希(世界172位/亀田製菓)
村松千裕(世界223位/グラムスリー)
秋田史帆(世界401位/橋本総業ホールディングス)
佐藤久真莉(世界786位/富士薬品)
監督:土橋登志久



<ルーマニア対イタリア>
●開催場所:Sala Polivalenta/クルジュ=ナポカ(ルーマニア)
●サーフェス:室内ハードコート
●対戦成績:イタリアの2勝1敗


■ルーマニア
シモナ・ハレプ(世界3位)
パトリシア マリア・ティーグ(世界63位)
イリナ・バラ(世界132位)
ミハエラ・ブザネスク(世界137位)
監督:モニカ・ニクレスク(世界173位)※選手兼任


■イタリア
マルチナ・トレビザン(世界99位)
ジャスミン・パオリーニ(世界104位)
エリザベッタ・コッチャレット(世界111位)
ジュリア・ガット モンティコーネ(世界169位)
Bianca Turati(世界259位)
監督:タティアナ・ガルビン



<アルゼンチン対カザフスタン>
●開催場所:Córdoba Lawn Tennis Club/コルドバ(アルゼンチン)
●サーフェス:クレーコート
●対戦成績:初対戦


■アルゼンチン
ナディア・ポドロスカ(世界45位)
Lourdes Carles(世界430位)
Victoria Bosio(世界438位)
Guillermina Naya(世界550位)
Jazmin Ortenzi(世界646位)
監督:メルセデス・パス


■カザフスタン
エレナ・リバキナ(世界23位)
ユリア・プティンセバ(世界30位)
ザリナ・ディアス(世界90位)
Anna Danilina(世界289位)
監督:ヤロスラーワ・シュウェドワ(世界730位)※選手兼任



<オランダ対中国>
●開催場所:Maaspoort Sports & Events/スヘルトーヘンボス(オランダ)
●サーフェス:室内クレーコート
●対戦成績:中国の1勝0敗


■オランダ
キキ・バーテンズ(世界11位)
アランチャ・ラス(世界83位)
レスリー・ケルクホーフ(世界179位)
デミ・シヒュース(世界ランキングなし)
監督:ポール・ハールヒュース


■中国
ジャン・シューアイ(世界41位)
ジェン・サイサイ(世界49位)
シュー・イーファン(世界ランキングなし)
ワン・シユ(世界134位)
ワン・シンユー(世界146位)
監督:Yang Weiguang


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「フェドカップ」で16年ぶりに優勝したフランス代表
(Photo by Paul Kane/Getty Images)

BJK杯_670×180_03.jpg

ビリー・ジーン・キング・カップ


ウクライナ vs 日本 

4月16日(金)、17日(土)両日午後5時~ WOWOWテニスワールドで無料ライブ配信!
チャットで日本を応援しよう!!

【無料】WOWOW TENNIS WORLD ライブ配信ページはこちら

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu