マイページ

デ杯 日本快勝で2022年ファイナルズ予選への切符掴む。初代表の17歳望月は島袋とのペアで白星

2019年「ウィンブルドン・ジュニア」での望月慎太郎

6日、男子テニス国別対抗戦「デビスカップ」ワールドグループ1部の日本対パキスタン第2日。第3試合ダブルスで望月慎太郎(日本/Team YUKA)/島袋将(日本/有沢製作所)が白星を挙げ、日本はトータル3勝0敗となりこの時点で勝利を決めた。

イスラマバードの屋外芝コートで行われている、今回のパキスタン戦。日本はアウェーのなか第1日のエース綿貫陽介(日本/日清食品)、初代表の内田海智(日本/富士薬品)のシングルスと合わせて3試合を連続でものにし勝利を手にした。


第2日のダブルスでは23歳の島袋と、2019年「ウィンブルドン・ジュニア」チャンピオンの17歳・望月がペアに。今回が初の「デビスカップ」代表選出である望月が、同じく代表デビュー戦だった先輩と力を合わせてしっかりと日本に勝利をもたらした。


そして、この時点で勝利が決まった日本は、来年2022年の「デビスカップ」ファイナルズ予選に進出することとなる。


いい形で勝利した日本代表メンバーが、今後それぞれ個人のツアーでも活躍を見せることが期待される。


またすでに決着はついたものの、予定ではこのあとにシングルスが組まれており、事前発表では綿貫 対 アイサムウルハク・クレシー(パキスタン)、内田 対 Aqeel Khan(パキスタン)となっている。ただし、このあとの対戦は同大会ルールに則り変更となる可能性がある。


◇   ◇   ◇


「デビスカップ」ワールドグループ1部
日本 3-0 パキスタン


<第1日>


第1試合シングルス
綿貫陽介(日本/日清食品)6-3、6-2 ●Aqeel Khan(パキスタン)


第2試合シングルス
内田海智(日本/富士薬品)6-4、7-6(4) ●アイサムウルハク・クレシー(パキスタン)


<第2日>


第3試合ダブルス
望月慎太郎(日本/Team YUKA)/島袋将(日本/有沢製作所)4-6、6-4、6-2 ●Aqeel Khan(パキスタン)/アイサムウルハク・クレシー(パキスタン)


第4試合シングルス
綿貫陽介(日本/日清食品)対 アイサムウルハク・クレシー(パキスタン)


第5試合シングルス
内田海智(日本/富士薬品)対 Aqeel Khan(パキスタン)


※同大会ルールに則り、第4試合以降の変更が行われる可能性あり。


◆日本代表メンバー


綿貫陽介(日本/日清食品):シングルス 271位/ダブルス 625位
内田海智(日本/富士薬品):シングルス 318位/ダブルス 873位
清水悠太(日本/三菱電機):シングルス 340位/ダブルス 616位
島袋将(日本/有沢製作所):シングルス 470位/ダブルス 702位
望月慎太郎(日本/Team YUKA):シングルス 642位/ダブルス 417位


◆パキスタン代表メンバー


Ahmed Choudhary(パキスタン):シングルス 1,500位タイ/ダブルス 2,179位タイ
Muzammil Murtaza(パキスタン):シングルス --位/ダブルス 1,678位タイ
アイサムウルハク・クレシー(パキスタン):シングルス --位/ダブルス 49位
Aqeel Khan(パキスタン):シングルス --位/ダブルス --位
Muhammad Shoaib(パキスタン):シングルス --位/ダブルス --位


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「ウィンブルドン・ジュニア」での望月慎太郎
(Photo by Simon Stacpoole/Offside/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu