マイページ

【速報】日本ペアが第1セットを落とし崖っぷちに。後がないデ杯 エクアドル戦

2019年の「デビスカップ」での内山(左)とマクラクラン

男子テニス国別対抗戦「デビスカップ」予選ラウンド(日本・兵庫/3月6日~7日/室内ハードコート)日本対エクアドルの第2日。第3試合ダブルスで、マクラクラン勉(日本/イカイ)/内山靖崇(日本/北日本物産)ペアがゴンサロ・エスコバル(エクアドル)/ディエゴ・イダルゴ(エクアドル)ペアと対戦。日本ペアが6(3)‐7で第1セットを落とした。

第1日ではシングルスで添田豪(日本/GODAI)と内山が敗れ、0勝2敗と追い込まれた日本代表。ツアーでの優勝経験があるマクラクラン/内山ペアがまずは1勝を挙げ、逆転勝利に向けての第一歩を踏み出すことができるのか、期待がかかる。


第1セットは日本ペアのサービスゲームから始まった。第1、第3ゲームともにデュースまで追い上げられた日本ペア。しかし、落ち着いてキープし、序盤3ゲームはお互いにキープする立ち上がりとなった。


第5ゲーム、15-40とこの試合初となるブレークポイントを握られた日本ペア。しかしマクラクランがサーブでこのピンチをしのぎ、キープした。日本ペアはファーストサーブの確率が80%を越えており、ピンチになっても落ち着いてプレーすることができている。


続く第6ゲームで逆に15-40とチャンスをつかんだ日本ペアだが、エクアドルペアにしのがれ、ブレークすることはできなかった。


チャンスを活かすことができなかった日本ペアだが、気持ちを切り替え、続く第7ゲームをラブゲームでキープ。ベンチに戻ってもコミュニケーションをしっかり取り、ベンチでは岩淵聡監督も笑顔を見せながら指示を送っていた。


そして第1セットはタイブレークへ。序盤はお互いキープするものの、5ポイント目で内山がダブルフォルトをしてしまう。さらに突き放され、第1セットを落とした。


試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)



※写真は2019年の「デビスカップ」での内山(左)とマクラクラン
(Photo by Oscar J. Barroso / AFP7 / Europa Press Sports via Getty Images)

「デビスカップ」予選ラウンド 日本対エクアドル 無料放送・配信中!

<無料配信>
第1日:3月6日(金)午前11:50~よる9:00予定
第2日:3月7日(土)午前10:58~よる8:50予定
視聴はこちら

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu