マイページ

【速報】内山靖崇が第1セットを落とし、日本は苦しい展開に。デ杯 エクアドル戦

2019年の「デビスカップ」での内山靖崇

男子テニス国別対抗戦「デビスカップ」予選ラウンド(日本・兵庫/3月6日~7日/室内ハードコート)日本対エクアドルの第1日。第2試合シングルスで、世界90位の内山靖崇(日本/北日本物産)が世界276位のロベルト・キロス(エクアドル)と対戦。第1セットは内山が6(4)-7で落とした。

両者は今回が初の対戦。第1試合では添田豪(日本/GODAI)がエミリオ・ゴメス(エクアドル)に敗れており、日本は黒星スタートとなっている。明日の第2日にダブルス1試合とシングルス2試合が行われるが、そこにつなげる勝利を挙げることができるのか、期待がかかる。


第1セットは内山のサービスゲームから始まった。サーブの調子が良く、サービスゲームを盤石にキープしていく内山。序盤からお互いにサービスゲームをキープする展開が続いた。


内山は、チャンスを作ろうと前に出てくるキロスに対して横を抜くショットを見せ、落ち着いたプレーでサービスゲームをキープしていく。


その後も両者キープで試合は進んでいく。第12ゲームで内山はデュースで粘るが、チャンスを作るにはいたらず。そして第1セットは両者ブレークポイントがないままタイブレークへ。


内山は序盤3ポイント連続で失うと、追いつくことができず、第1セットを落とした。


試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年の「デビスカップ」での内山靖崇
(Photo by David Aliaga/MB Media/Getty Images)

「デビスカップ」予選ラウンド 日本対エクアドル 無料放送・配信中!

<無料配信>
第1日:3月6日(金)午前11:50~よる9:00予定
第2日:3月7日(土)午前10:58~よる8:50予定
視聴はこちら

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu