マイページ

テニスも無観客試合が決定。錦織が半年ぶりに復帰予定のデ杯エクアドル戦

2016年「デビスカップ」での錦織

3月6日~7日に兵庫県三木市のブルボンビーンズドームで行われる予定の男子テニス国別対抗戦「デビスカップ」予選ラウンド、日本対エクアドル戦。日本テニス協会は26日、この試合を新型コロナウイルス対策のため無観客試合にすることを公式サイトで発表した。

日本テニス協会は、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、21日に国際テニス連盟と運営方法の変更を協議していると発表していた。


今回の無観客試合について、公式サイトでは以下のように説明している。


「感染予防の対策を徹底し、予定通りに開催する事を含めて、国際テニス連盟との協議を重ねて参りましたが、本協会としては、ご来場いただくお客様・出場選手の安全を最優先に考慮し、最終的に無観客試合にする事を決定いたしました」


各日2,500枚の観戦チケットは完売となっていたが、チケット代の払い戻しを行うという。


無観客試合になった日本対エクアドルに出場予定のメンバーは以下の通り。


【日本代表メンバー】
錦織圭(日本/日清食品):シングルス 31位/ダブルス 446位タイ
西岡良仁(日本/ミキハウス):シングルス 48位/ダブルス 446位タイ
内山靖崇(日本/北日本物産):シングルス 99位/ダブルス 432位
添田豪(日本/GODAI):シングルス 118位/ダブルス 900位タイ
マクラクラン勉(日本):シングルス --位/ダブルス 48位


【エクアドル代表メンバー】
エミリオ・ゴメス(エクアドル):シングルス 149位/ダブルス 474位
ロベルト・キロス(エクアドル):シングルス 275位/ダブルス 275位
ゴンサロ・エスコバル(エクアドル):シングルス 419位/ダブルス 71位
ディエゴ・イダルゴ(エクアドル):シングルス 368位/ダブルス 254位
アントニオ カジェターノ・マルチ(エクアドル):シングルス 694位/ダブルス 929位


※世界ランキングは2020年2月24日付けのもの


錦織は2016年9月のウクライナ戦以来となる代表復帰。そして実際に出場すれば、昨年8月下旬の「全米オープン」以来半年ぶりの試合となり注目を集めている。錦織は昨年の5月頃より右肘を痛め、10月に手術を行ったため、現在ツアーを離脱している。


この試合で日本が勝利を収めれば、11月にスペイン・マドリードで行われる決勝ラウンドへ進出することになる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2016年「デビスカップ」での錦織
(Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu