マイページ

最強国はどこ?女子テニス国別対抗戦 決勝ラウンドの組み合わせが発表

「フェドカップ」で優勝したフランス代表

11日、女子テニス国別対抗戦「フェドカップ」決勝ラウンドの組み合わせが、大会公式サイトで発表された。

発表された組み合わせは以下の通り。


グループA
フランス、ロシア、ハンガリー


グループB
オーストラリア、ベラルーシ、ベルギー


グループC
アメリカ、スペイン、スロバキア


グループD
チェコ、ドイツ、スイス


決勝ラウンドには、ワイルドカード(チェコ)、開催国(ハンガリー)、前年に決勝を戦った2ヵ国(オーストラリアとフランス)、そして予選ラウンドを勝ち上がった8ヵ国の合計12ヵ国が出場する。


注目はシードとして4つのグループに振り分けられたフランス、オーストラリア、アメリカ、チェコ。


昨年優勝のフランスにはカロリーヌ・ガルシア(フランス)や、シングルスもダブルスもこなすクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)を擁する。昨年準優勝のオーストラリアにはアシュリー・バーティ(オーストラリア)、アメリカには予選ラウンドでは苦戦したものの、「全豪オープン」を制したソフィア・ケニン(アメリカ)、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)、ココ・ガウフ(アメリカ)がいる。そしてチェコはカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、ペトラ・クビトバ(チェコ)がおり、層が厚い。


また今回は室内クレーコートでの大会となるため、予選ラウンドのシングルスで日本に完勝したスペインも侮れない。


その「フェドカップ」決勝ラウンドは、4月14日から19日の日程で行われる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「フェドカップ」で優勝したフランス代表
(Photo by Paul Kane/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu