マイページ

女子日本代表 ワールドグループ2部残留決定。土居と日比野がオランダに1セットも与えず3連勝[フェドカップ]

「フェドカップ」オランダ戦での土居

21日、テニス女子国別対抗戦「フェドカップ」ワールドグループ2部プレーオフ(入れ替え戦)の日本対オランダ第2日。第3試合シングルスで世界104位の土居美咲(日本/ミキハウス)が世界149位ビビアネ・スクーフス(オランダ)に6-3、6-2で勝利。この結果日本はここまでトータル3勝0敗で、見事ワールドグループ2部残留を決めた。試合時間は1時間13分。

日本は20日からの2日間、土居と日比野菜緒(日本/ブラス)の活躍によりオランダに1セットも与えず。チームとしては過去1勝4敗、4連敗していた相手から素晴らしい勝利を挙げた。


前日の第1試合シングルス、第2試合シングルスの快勝に続き、迎えた第2日の第3試合シングルス。土居は右足にぐるぐるとテーピングを巻いて試合に臨んだ。第1ゲームに2連続ダブルフォルトもあり状態が心配されたが、なんとかここをキープ。すると第2ゲームから第5ゲームまではお互いブレーク合戦に突入し試合はイーブンに。


そんななか土居のゲームカウント4-3で迎えたリターンゲーム、相手に2本ダブルフォルトがあり再度土居がリードした。続くサービング・フォー・ザ・セットをしっかり取り、第1セットを先取。気迫のプレーを見せる土居は、ベンチに戻る際に大きな声を出した。


続く第2セット。土居は第4ゲーム苦しいところをなんとかキープすると、直後にブレークに成功した。勝負どころで土居は1ポイント1ポイントガッツポーズをつくり、追いすがろうとする相手スクーフスを全力で振り切る。


逆に4-2で迎えたリターンゲームでもう1ブレーク加えると、サービング・フォー・ザ・マッチ、最後はサービスで締めて見事ストレート勝利を収めた。


2日間にわたり、素晴らしいプレーを見せてくれた女子日本代表。来年再び挑戦するワールドグループ2部1回戦にも大いに期待したい。


なお、すでに日本対オランダの決着はついているが、青山修子(日本/近藤乳業)/穂積絵莉(日本/日本住宅ローン株式会社) 対 レスリー・ケルクホーフ(オランダ)/デミ・シヒュース(オランダ)のダブルスも行われている。


◇   ◇   ◇


女子日本代表チームは、2019年2月に行われたワールドグループ2部1回戦では、スペインに敗れワールドグループ1部・プレーオフ(入れ替え戦)への進出はならず。


今回ワールドグループ2部のプレーオフで、4月20日にシングルス2試合、21日にシングルス2試合とダブルス1試合が予定されていた。先に計3勝したチームが勝利となり、日本は既にワールドグループ2部残留を決めた。


◆2日間ここまでの対戦結果と、残りの対戦予定。
日本 3-0 オランダ


<第1日>
シングルス:〇土居美咲(日本/ミキハウス)6-3、6-4 ●リシェル・ホーヘンカンプ(オランダ)
シングルス:〇日比野菜緒(日本/ブラス)6-1、6-2 ●ビビアネ・スクーフス(オランダ)


<第2日>
シングルス:〇土居美咲 6-3、6-2 ●ビビアネ・スクーフス
ダブルス:青山修子(日本/近藤乳業)/穂積絵莉(日本/日本住宅ローン株式会社) 対 レスリー・ケルクホーフ(オランダ)/デミ・シヒュース(オランダ)


◆日本代表メンバー
土居美咲(日本/ミキハウス):シングルス104位/ダブルス123位
日比野菜緒(日本/ブラス):シングルス112位/ダブルス78位
奈良くるみ(日本/安藤証券):シングルス169位/ダブルス491位
穂積絵莉(日本/日本住宅ローン株式会社):シングルス327位/ダブルス31位
青山修子(日本/近藤乳業):シングルス562位/ダブルス44位


◆オランダ代表メンバー
ビビアネ・スクーフス(オランダ):シングルス149位/ダブルス141位
リシェル・ホーヘンカンプ(オランダ):シングルス176位/ダブルス--位
レスリー・ケルクホーフ(オランダ):シングルス187位/ダブルス122位
デミ・シヒュース(オランダ):シングルス--位/ダブルス7位


※世界ランキングはすべて4月15日付けのもの。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「フェドカップ」オランダ戦での土居
(Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu