日本 西岡勝利で望み繋ぐ。中国戦決着は最終第5試合へ[デビスカップ・予選ラウンド]

「デビスカップ」予選ラウンド第1試合での西岡

テニス男子国別対抗戦「デビスカップ」予選ラウンド(中国・広州/2月1~2日/ハードコート)で、日本が中国と対戦。第2日、第4試合シングルスで世界66位の西岡良仁(日本/ミキハウス)が世界309位のウー・イービン(中国)に6-2、6-0で圧勝した。試合時間は50分。

これで日本対中国はトータル2勝2敗、決着は第5試合でつけることとなった。


西岡は前日の第1試合シングルスでは苛立ちを爆発させ敗れたが、その後「明日のシングルスについては、正直勝つしかないと思っている」と話した通り、きっちりと立て直してきた。


試合は第1セット、西岡が第1ゲームでいきなりブレークに成功。第7ゲームでもブレークしゲームカウント5-2に。続く第8ゲームをキープしセットを先取した。そして第2セットは相手に1ゲームも与えずに勝利。


1勝1敗で第2日を迎え、第3試合ダブルスで敗れ後がなくなった日本。しかし崖っぷちの第4試合で、西岡が価値ある勝利を収めた。


このあと最終第5試合シングルスでは、世界69位ダニエル太郎(日本/エイブル)が世界262位のリー・ジェ(中国)と対戦する予定。「デビスカップ」決勝ラウンド進出をかけた戦いに臨む。


◇   ◇   ◇


◆デビスカップのフォーマット
「デビスカップ」は2019年から新フォーマットで行われる。まず2月に24ヶ国が、12ヶ国の決勝ラウンド出場枠を巡って競い合う。そして11月に、この12ヵ国と、2018年大会でベスト4に残った4ヵ国、ワイルドカードの2ヵ国の合計18ヵ国によって優勝が争われる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「デビスカップ」予選ラウンド第1試合での西岡
(Photo by Shi Tang/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu