デ杯 日本VS中国が決着へ。現在1勝1敗で11時開始予定[デビスカップ・予選ラウンド]

左から内山靖崇、ダニエル太郎、西岡良仁、マクラクラン勉

2日、テニス男子国別対抗戦「デビスカップ」予選ラウンドで日本が中国戦の第2日に臨む。試合は日本時間11時頃に開始予定だ。

日本は今回アウェーでの戦いで、第1日は1勝1敗で終えている。第2日は選手の変更も可能だが、現時点での予定対戦カードは以下の通り。


<第3試合ダブルス>
マクラクラン勉(日本)/内山靖崇(日本/北日本物産)対 ゴン・マオシン(中国)/ジャン・ザ(中国)


<第4試合シングルス>
西岡良仁(日本/ミキハウス) 対 ジャン・ザ(中国)


<第5試合シングルス>
ダニエル太郎(日本/エイブル) 対 リー・ジェ(中国)


1日の第1試合シングルスは、世界66位の西岡が262位のリーにストレートで敗れるという日本にとって意外な幕開けとなった。試合途中にメディカルタイムアウトを取って右足の治療を受けており、状態が気がかりなところ。一方、第2試合シングルスではダニエルがきっちり挽回し、試合は1勝1敗のイーブンで第2日へ。


第2日ダブルスにはツアー優勝経験のあるマクラクラン/内山が登場予定。抜群のコンビネーションを見せる両者が、日本チームを勢いづけてくれることに期待がかかる。


ホームである相手は一週間前からじっくり調整してきたといい、攻撃的なテニスで日本に襲いかかってきているが、ランキングでは勝る日本が跳ね返せるか注目だ。


◇   ◇   ◇


◆デビスカップのフォーマット
「デビスカップ」は2019年から新フォーマットで行われる。まず2月に24ヶ国が、12ヶ国のファイナルズ出場枠を巡って競い合う。そして11月に、この12ヵ国と、2018年大会でベスト4に残った4ヵ国、ワイルドカードの2ヵ国の合計18ヵ国によって優勝が争われる。


◆日本代表メンバー
西岡良仁(日本/ミキハウス):シングルス66位/ダブルス332位
ダニエル太郎(日本/エイブル):シングルス69位/ダブルス465位
内山靖崇(日本/北日本物産):シングルス170位/ダブルス181位
綿貫陽介(日本/日清食品):シングルス183位/ダブルス436位
マクラクラン勉(日本):シングルス--位/ダブルス24位


◆中国代表メンバー
ジャン・ザ(中国):シングルス208位/ダブルス88位
リー・ジェ(中国):シングルス262位/ダブルス161位
ウー・ディ(中国):シングルス321位/ダブルス236位
ウー・イービン(中国):シングルス309位/ダブルス619T位
ゴン・マオシン(中国):シングルス--位/ダブルス95位


※世界ランキングは両チームとも1月28日付けのもの


◆第1日の結果と、第2日の対戦予定
日本 1-1 中国


<第1日>
シングルス:●西岡良仁(日本/ミキハウス)3-6、2-6 〇リー・ジェ(中国)
シングルス:〇ダニエル太郎(日本/エイブル)7-6(3)、6-4 ●ジャン・ザ(中国)


<第2日>
ダブルス:マクラクラン勉(日本)/内山靖崇(日本/北日本物産)対 ゴン・マオシン(中国)/ジャン・ザ(中国)
シングルス:西岡良仁ジャン・ザ
シングルス:ダニエル太郎 対 リー・ジェ


(テニスデイリー編集部)


※写真は左から内山靖崇(写真:アフロ)、ダニエル太郎西岡良仁マクラクラン勉(Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu