マイページ

【速報】奈良、値千金の勝利で日英戦2-2に。ワールドグループ2部復帰をかけて最終試合へ。日本対イギリス第4試合[フェドカップ]

ワトソンと対戦する奈良くるみ(2017年「全米オープン」のときのもの)

「フェドカップ・プレーオフ(ワールドグループ2部)」(兵庫県三木市/4月21~22日/ハードコート)日本対イギリスの2日目、第4試合で奈良くるみ(日本/安藤証券)ヘザー・ワトソン(イギリス)が対戦。7-6(7)、6-4で奈良が見事勝利、日本対イギリスは2-2のイーブンで最終第5試合に向かう事となった。

第1セットを7-6(7)のタイブレーク大接戦で奪い取った奈良、第2セットも第2ゲームで即座にサービスブレークを果たす。ゲームカウントが奈良の3-0となると会場のボルテージが一気に上がり、流れは一気に奈良に傾いたようにも見えた。

しかし第5ゲーム、少し息を吹き返したようなワトソンにブレークバックを許し、そのまま第2セットもイーブンに戻る。再び試合の均衡を破ったのは奈良、第8ゲームをブレークしてゲームカウントは奈良の5-3とした。

ここで勝ちたい奈良だったが、第9ゲームのサービング・フォー・ザ・マッチ(そのゲームを取れば試合に勝てる、自身のサービスゲーム)でもワトソンの粘りに会い、ここでは試合を決める事が出来なかった。それでも直後のリターンゲーム、最後は奈良がサービスブレークで、日本代表チームを救う値千金の1勝を挙げた。

日本対イギリスは、これで2-2のイーブンに。このあと運命の第5試合ダブルスは、加藤未唯(日本/ザイマックス)・二宮真琴(日本/橋本総業ホールディングス)対アンナ・スミス(イギリス)・ガブリエラ・テイラー(イギリス)を予定している。日本の勝利に向けて、ダブルスペアの活躍を期待したい。

(テニスデイリー編集部)

※写真はワトソンと対戦する奈良くるみ(2017年全米オープンのときのもの)
(Photo by Abbie Parr/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu