マイページ

【速報】大坂、コンタとのエース対決敗れ日本は後がない状況に。日本対イギリス第3試合[フェドカップ]

コンタと対戦する大坂なおみ(「マイアミ・オープン」のときのもの)

「フェドカップ・プレーオフ(ワールドグループ2部)」(兵庫県三木市/4月21~22日/ハードコート)日本対イギリスの2日目、第3試合で大坂なおみ(日本/日清食品)とジョハナ・コンタ(イギリス)が対戦。大坂は3-6、3-6とストレートで敗れ、日本は1-2と追い込まれた

第1セットを3-6で奪われた大坂。コンタの流れを断ち切りたい第2セットは、序盤再びサービスゲームキープで譲らない展開に。第3ゲームに0-30と大坂が連続ポイントを取るも、今日のコンタはそこからが一段と強く、なかなかブレークポイントを握れなかった。第5ゲームには、大坂がコンタとの激しいラリー戦を制し、15-40とこの試合初のブレークポイント。しかし、それでもコンタがまたも追い上げて来て、大坂はこのゲーム二度のブレークポイントをものに出来なかった。

すると続く第6ゲーム、大坂はダブルフォルトのあと次のラリーが我慢しきれずサイドアウト。このセットも先にサービスブレークを喫した。大きな声をあげて気合十分なコンタとは対照的に、やや気落ちしているようにも見えた大坂。

直後のサービスゲームでは気持ちの入ったサービスでキープするも、ブレークが返せずそのままストレート負けとなった。

日本対イギリスは、これで日本の1-2と後がない状況。この後のシングルス第4試合は、奈良くるみ(日本/安藤証券)対ヘザー・ワトソン(イギリス)を予定している。奈良の挽回に、まだまだ期待したい。

(テニスデイリー編集部)

※写真はコンタと対戦する大坂なおみマイアミ・オープンのときのもの)
(Photo by Andrew Patron/Icon Sportswire via Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu