マイページ

【速報】奈良は善戦するも敗れ、日英戦は1-1に。明日決着へ[フェドカップ]

コンタと対戦した奈良くるみ(2017年「全米オープン」のときのもの)

「フェドカップ・プレーオフ(ワールドグループ2部)」(兵庫県三木市/4月21~22日/ハードコート)日本対イギリスの1日目、第2試合で奈良くるみ(日本/安藤証券)とジョハナ・コンタ(イギリス)が対戦。4-6、2-6で奈良が敗れ、日本対イギリスは1-1のイーブンとなった。

第1セットを4-6で惜しくも落とした奈良は、第2セットも立ち上がりにピンチが。第1ゲームでこの試合自身初のダブルフォルトでサービスブレークを許してしまう。第2ゲームに奈良がブレークポイントを握るも、ここぞというところでコンタの素晴らしいプレーに阻まれ、序盤は第1セットと同じような展開を見せた。

第3ゲーム、今度は奈良が15-40のピンチから一時デュースに持ち込むもサービスブレークを喫し、ゲームカウントが奈良の0-3に。直後に一つサービスブレークを返し、何とか追い付こうと懸命のプレーを見せていた奈良だが、第7ゲームを再び落としてしまい追い込まれる。

続くコンタのサービング・フォー・ザ・マッチをブレークできず、奈良は善戦するもストレートで敗れた。

日本対イギリスの試合はこれで1-1。2日間で全5戦を行い、先に3勝した方が勝利となる。明日も日本代表チームの勝利を願って応援したい。

(テニスデイリー編集部)

※写真はコンタと対戦した奈良くるみ(2017年「全米オープン」のときのもの)
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu