マイページ

【速報】大坂なおみ第1セットを先取。英ワトソンとのシングルス第1試合[フェドカップ]

ワトソンと対戦する大坂なおみ(「全豪オープン」のときのもの)

「フェドカップ・プレーオフ(ワールドグループ2部)」(兵庫県三木市/4月21~22日/ハードコート)日本対イギリスの1日目、第1試合で大坂なおみ(日本/日清食品)とヘザー・ワトソン(イギリス)が対戦。第1セットは6-2で大坂が先取した。

日本チームは2月にアジア/オセアニアゾーンで勝ち進んだ事でプレーオフ進出国となり、今回ワールドグループ2部の入れ替え戦に臨む。さらにこの試合では、3月に「BNPパリバ・オープン」で自身初のツアー優勝を果たした大坂が代表として初めて日本でプレーすることもあり、益々注目の試合となっている。日本対イギリスの試合は2日間で全5戦、先に3勝した方が勝利となる。

大坂はワトソンと今回が2度目の対戦。2017年「ロジャーズ・カップ」で初対戦した際は、ワトソンが途中棄権していた。

会場が「なおみ」コール・「ニッポン」コールで盛り上がる中、試合は大坂のサービスで始まった。幸先よく第1ゲームをキープすると、続くリターンゲームも鋭いショットで攻撃。会場からは大坂のショットにどよめきも起こっていた。ワトソンに2本のダブルフォルトもあったが、ここは大坂のサービスブレークならず。

鋭いスイングのバックハンドで押し込む大坂に対し、前後も含めた揺さぶりで対抗してくるワトソン。第3ゲーム、ファーストサーブがなかなか決まらず苦しんでいた大坂だったが、ギアを一段上げたように最後3ポイントでサービスエースを連発しキープ。すると続く第4ゲーム、見事なフォアハンドで先にサービスブレークを果たした。

大坂は第8ゲームも相手にプレッシャーを与え続ける。最後はワトソンにダブルフォルトが増え、大坂は第1セットを先取した。

(テニスデイリー編集部)

※写真はワトソンと対戦する大坂なおみ「全豪オープン」のときのもの)
(Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu