マイページ

イズナーとクエリーでアメリカが連勝。ゴファンを欠くベルギーは後がなくなる[デビスカップ・準々決勝]

「デビスカップ」アメリカ代表

「デビスカップ」準々決勝のアメリカ対ベルギーの1日目は、ジョン・イズナー(アメリカ)とサム・クエリー(アメリカ)が勝利を収め、アメリカの2勝0敗となった。

最初の試合でイズナーが6-3、6(4)-7、7-6(8)、6-4でヨリス・デ ルール(ベルギー)を下し、続く試合でクエリーが6-1、7-6(5)、7-5のストレートでルベン・ビーママンズ(ベルギー)を破っている。

「(この勝利は)間違いなく大きい」とイズナーは試合後語った。「3試合を取る戦いで初戦は重要だ。これで僕たちは優位に立った。自分の責任を果たし、チームを優位に立たせることができてとても嬉しい」。

アメリカはこれまで「デビスカップ」でベルギーに対して4勝0敗で、さらにベルギーは世界ランキング10位のダビド・ゴファン(ベルギー)と143位のスティーブ・ダルシー(ベルギー)を怪我で欠いている。このため、319位のデ ルールが、ランキング上では非常に大きな差がある9位のイズナーと対戦することになっていた。

「まだ戦いが終わっていないことも心得ている」とアメリカ代表のジム・クーリエ監督は語った。「決着をつけなければならないし、早ければ早いほどいい。もちろん(土曜日に)決めたいところだ」。

2日目にはダブルスが1試合、3日目にはシングルス2試合が行われ、3勝した国が準決勝に進出する。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真は「デビスカップ」アメリカ代表
(AP Photo/Mark Humphrey)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu