マイページ

アイテム

優れた吸水性でテニス選手たちをとりこにする"アレ"の秘密

写真はウィンブルドン2020公式タオル

世界最古のテニストーナメントであり、最も格式の高い大会とされる「ウィンブルドン」。しかし、2020年大会は新型コロナウイルスの影響のため、中止となりました。実に、第二次世界大戦があった1945年以来75年ぶり、戦争以外の理由では初の中止となります。

「ウィンブルドン」8度の優勝を誇る"芝の帝王"ロジャー・フェデラー(スイス)も、大会中止の決定に「ショックで悲しい」とSNSでコメントしたほど。アンディ・マレー(イギリス)らも失意を表しており、たくさんの選手が「ウィンブルドン」中止を心から嘆いていました。でも、その理由のひとつは"大人気のオフィシャルタオルを使えないから"かもしれません。

GettyImages-1169816932.jpg

大会に出場する選手たちに配布されるオフィシャルタオル。「ウィンブルドン」試合中、選手が使用する場面を見たことがある人も多いでしょう。実はこのタオルが、世界中で大人気! 家族や知人からお土産として頼まれる選手も多いそうです。

あのノバク・ジョコビッチ(セルビア)もその一人。なんでも、「暑くて汗をかくから」など何かと理由をつけて、試合のたびに余分に持ち帰っているとか...。女子選手のマディソン・キーズ(アメリカ)も、断るのに大変な思いをしていると言います。「75枚もかばんに詰めて持って帰るなんて、とてもじゃないけど無理よ」。

GettyImages-1154955267.jpg

そんな、選手からもファンからも大好評の「ウィンブルドン」オフィシャルタオル。人気の秘密は、その品質の高さにあります。上質の高級インド綿を用いたタオルは、ボリュームと柔らかさを併せ持つ贅沢な逸品。

生産しているのは、イギリス王室ご愛用の老舗タオルメーカー・クリスティ社。柔らかな手触りと高い吸水性を備えており、テニスの試合中も濡れた肌からサッと水分を吸い取ってくれます。この優れた吸水性、独自のハイグロコットンテクノロジーによるもの。たっぷりとしたボリュームは、つい頬擦りしたくなるほど良い手触りです。毛羽落ちしにくいのも、嬉しいところですね。

→ウィンブルドンオフィシャルタオルはwowshopで販売中!

機能性はもちろん、目を引くデザインも魅力のひとつ。選手がコート上で使用するものと同じチャンピオンシップタオルは、毎年色使いなどが変わります。そのうえ、今年に関しては、幻の大会となった2020年の年号入り。しかも数量限定での販売となるため、テニス史に残るレアアイテムとなるのは間違いありません。コレクターズアイテムとして、テニスファンなら喉から手が出るほど欲しい商品です。

チャンピオンシップタオルは、持ち運びに便利なコットン製の専用ケース付。「ウィンブルドン」オフィシャルタオル、歴戦の選手たちを"とりこ"にする高級タオルの癒しを、ぜひその肌で感じてみてください。

main_image.jpg

【販売商品】
①選手がコートで使うチャンピオンシップタオル(メンズ)
②選手がコートで使うチャンピオンシップタオル(レディス)
③ウィンブルドンカラーにロゴ刺繍のゲストタオル(グリーン)
④ウィンブルドンカラーにロゴ刺繍のゲストタオル(パープル)
ロゴ刺繍のフェイスタオル2枚セット(ネイビー&ブルー)

詳しくはこちら(ウィンブルドンオフィシャルタオル|wowshop)

[PR]

アイテムの関連記事

PAGE TOP
menu