マイページ

ウィンブルドン

【速報】ジョコビッチが第3セットも奪い優勝まであと1セットに。世界9位ベレッティーニとのウィンブルドン決勝

「ウィンブルドン」でのジョコビッチ

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月28日~7月11日/グラスコート)大会最終日となる7月11日。男子シングルス決勝で、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第7シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)が対戦。ジョコビッチが第3セットを6-4で奪い、セットカウント2-1とした。

第1セットはジョコビッチがサービング・フォー・ザ・セットを迎えたものの決め切れず、その後に追いつかれてタイブレークの末にベレッティーニが7-6(4)で先取。


続く第2セットは、ジョコビッチが立ち上がりから4ゲームを連取。その後ブレークを1つ返されたものの、6-4でセットを奪い返した。


そして第3セット、またしても先にリードを奪ったのはジョコビッチ。第3ゲームの最初のポイントをベレッティーニがダブルフォルトで落とすと、すかさずそのミスを突いてバックハンドカウンターを放ってブレークポイントを握り、次のポイントでバックハンドの打ち合いを制した。


ジョコビッチのゲームカウント3-2で迎えた第6ゲームは、ベレッティーニに2本のブレークチャンスがあったものの、ここはジョコビッチがセーブ。満員の観客はここまでベレッティーニを後押しするシーンが目立ったものの、このゲーム終盤ではジョコビッチの愛称である「ノール」コールも巻き起こった。


その後は両者キープを続け、1ブレーク差で迎えた第10ゲームがジョコビッチのサービング・フォー・ザ・セットに。このセットは1回でしっかりと締めたジョコビッチが第3セットも奪い、優勝まであと1セットとした。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第4セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」でのジョコビッチ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

【ウィンブルドン現地コラム 更新中!】


コロナ禍のウィンブルドンのリアル情報を 現地の写真満載でお届けします。
現地在住ライター、テニスライター内田暁がレポート!

記事はこちら>>>

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu