マイページ

ウィンブルドン

イギリスに新星現る。ワイルドカードで出場の18歳選手が3回戦進出[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」でのEmma Raducanu

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月28日~7月11日/グラスコート)にワイルドカード(主催者推薦枠)で出場している18歳のエマ・ラドゥカヌ(イギリス)が、誰も予想していなかった快進撃を見せて話題となっている。英BBCなど複数のメディアが報じた。

世界ランキング338位、6月にWTAのツアーに初参戦したばかりのラドゥカヌは、イギリス勢として唯一、女子シングルスの3回戦に駒を進めている。1回戦で世界150位のビタリア・ディアトチェンコ(ロシア)を7-6(4)、6-0で下すと、2回戦では2019年の「全仏オープン」で準優勝の世界42位マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)を6-2、6-4のストレートで破り、観客を沸かせた。


2回戦でのラドゥカヌは5ゲームを連取して第1セットを先取。第2セットではボンドルソバに0-3とリードを奪われたが、ラドゥカヌは地元の声援に背中を押されて力強いプレーを続け、2回のブレークに成功。最後は相手がフォアハンドリターンをネットにかけ、ラドゥカヌが勝利した。


ラドゥカヌは試合後にこう話す。「まるで休暇を過ごしているような気分。なんだか信じられないわ。何より、できるだけ長くここにいたいと思っている。ホームの観客の前でプレーできたことが大きかった。16歳からプロとして活動しているけど、今日のコートの雰囲気はこれまでで一番。しばらく観客がいない中で試合をしてきたから、今日の声援にはすごく助けられたの。こんなに試合を楽しめたことはないと思う。すべてのポイントがマッチポイントのように、“ウィンブルドン”での最後のポイントのようにプレーしようとしたわ。そう自分に言い聞かせて戦ったの」


「よくやった!」と元世界ランキング1位のアンディ・マレー(イギリス)がTwitterで綴ったのをはじめ、彼女に対するSNS上での激励は後を絶たないようだ。まだ全部を読み切れていないと話すラドゥカヌは「ポジティブなメッセージはとても励みになる」と語る。


ルーマニア人の父と中国人の母の間にカナダで生まれたラドゥカヌは2歳の時にイギリスに渡り、ロンドンで育つ。最初はバレエを始め、父親の影響で乗馬や水泳、バスケットボール、ゴーカートなどさまざまなスポーツに挑戦し、モトクロスやタップダンスもやったという。最終的には5歳の時に出会ったテニスを選んだラドゥカヌは現在、ジャック・ドレイパーケイティ・ブルター、フランチェスカ・ジョーンズといった若手とともに、LTA(イギリステニス協会)が主催するプロ選手を育成する奨学金プログラムに参加している12人のうちの一人だ。


これまでにITFレベルの大会で3度優勝。また、勉強もおろそかにせず、日本の大学1年生が受ける教養科目に匹敵する「Aレベル」で数学と経済学のコースを修了している。常に高い目標を掲げてきたことが、テニスと学業の両方で成功できた秘訣だと本人は説明する。


3回戦まで勝ち進んだラドゥカヌは11万5000ポンド(約1765万円)を手にすることになり、これはこれまで稼いだ賞金総額の約4倍に相当する。4回戦進出を果たせば賞金は18万1000ポンド(約2778万円)に上る。「テニスは毎週のように遠征して試合をするから、とてもお金のかかるスポーツ。賞金はその資金に充てるつもりよ。今週、このような機会を与えられたことにとても感謝している。この機会を最大限に活かしたいと思っているわ」


次戦で対戦する世界45位のソラナ・シルステア(ルーマニア)は、2回戦で第12シードビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に勝利している。突如現れた新星の晴れ晴れしい活躍がどこまで続くか、楽しみにしたい。


※為替レートは2021年7月3日時点


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」でのEmma Raducanu
(Photo by Mike Hewitt/Getty Images)

ウィンブルドンテニスWOWOW生中継!

歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム(四大大会)の第3戦。
第2次世界大戦後初めて開催されなかった2020年を経て、2年ぶりに開催。

【放送予定】 6/28(月)~7/11(日)連日生中継 ※7/4(日)除く
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu