マイページ

ウィンブルドン

ウィンブルドンのドロー、日本人男子はすべてボトムハーフに

「ウィンブルドン」での錦織

テニスの代名詞とも言える伝統ある大会「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月28日~7月11日/グラスコート)がようやく開催される。錦織圭(日本/日清食品)は第2シードダニール・メドベージェフ(ロシア)のいるドロー表のボトムハーフに、4分割で見れば第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)のいる山に入った。復活の期待される第6シードのロジャー・フェデラー(スイス)は、メドベージェフの山だ。「ウィンブルドン」公式サイトなどが報じている。

世界53位の錦織は、1回戦で世界67位、21歳のアレクセイ・ポプリン(オーストラリア)と対戦。その後、シード勢が順調に勝ち進んでいけば、2回戦で第12シード、22歳のキャスパー・ルード(ノルウェー)と、3回戦では「全豪オープン」ベスト4、第20シードのアスラン・カラツェフ(ロシア)と、4回戦で第7シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)と、準々決勝でズベレフと、準決勝でメドベージェフと、決勝で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)との対戦となる。


日本の男子2番手、世界58位の西岡良仁(日本/ミキハウス)は、錦織と同じ山のベレッティーニ側だ。1回戦、第28シードで身長208㎝のビッグサーバー、ジョン・イズナー(アメリカ)との対戦は、身長差38㎝。勝てば2回戦は世界83位のコランタン・ムーテ(フランス)と世界64位のアルヤズ・ベデネ(スロベニア)の勝者と対戦。3回戦はシード通りにいけばベレッティーニとになり、そこで勝てば錦織と対戦する可能性がある。


世界110位の杉田祐一(日本/三菱電機)もボトムハーフだが、4分割ではメドベージェフの山にいる。1回戦の相手は元世界7位のリシャール・ガスケ(フランス)。その後シード通りに勝ち進めば、2回戦でフェデラー、3回戦で第29シードのキャメロン・ノリー(イギリス)、4回戦で第11シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、準々決勝でメドベージェフとの対戦となる。


ラッキールーザーで本戦入りした世界116位の内山靖崇(日本/積水化学工業)もメドベージェフの山で、1回戦でスペイン注目の18歳、世界75位のカルロス・アルカラス(スペイン)と対戦。その後シード通りに勝ち進めば、2回戦でメドベージェフと、3回戦で第32シードのマリン・チリッチ(クロアチア)と、4回戦で第14シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド)と、準々決勝でフェデラーと当たることになる。


そのフェデラーは1回戦で世界41位のアドリアン・マナリノ(フランス)と対戦し、2回戦は杉田とガスケの勝者と当たる。メドベージェフは1回戦で世界45位のヤン レナード・ストルフ(ドイツ)と、2回戦では内山とアルカラスの勝者と対戦することになる。


トップハーフでは第1シードのジョコビッチが、1回戦でイギリス期待の19歳ジャック・ドレイパー(イギリス)と対戦。2回戦では2018年準優勝のビッグサーバー、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)と当たる可能性がある。3回戦では第30シードのアレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)と、4回戦では第13シードのガエル・モンフィス(フランス)と、準々決勝で第5シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)と、準決勝で第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)と、そして決勝でメドベージェフと、というのがシード通りの道筋だ。


ルブレフは3回戦で第26シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)と対戦の可能性が。さらに4回戦では、第9シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と第19シードのヤニク・シナー(イタリア)の勝者と当たる可能性がある。チチパスは3回戦で第25シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)と、4回戦で先週優勝の第15シード、アレックス・デミノー(オーストラリア)と、準々決勝では第8シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)と第10シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)の勝者と当たるかもしれない。


女子では世界83位の土居美咲(日本/ミキハウス)はボトムハーフで、1回戦は世界120位のクレア・リュー(アメリカ)と。シード通りに進めば2回戦は全仏ベスト8の22歳、第18シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン)と、3回戦は全仏ベスト4、第15シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)と、4回戦は第2シードのアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)との対戦となる。


世界85位の日比野菜緒(日本/ブラス)はトップハーフで、初戦で世界74位のベルナルダ・ペラ(アメリカ)と対戦。その後シード通りに勝ち進めば、2回戦で第6シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)、3回戦で先週優勝した第25シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)、4回戦では第9シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)や第20シードのココ・ガウフ(アメリカ)らと対戦の可能性がある。


第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)は1回戦で、がんから復帰し今季引退を表明しているカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)と対戦する。3回戦で当たる可能性のあった第27シードのジョハナ・コンタ(イギリス)が濃厚接触者となったため棄権したので、バーティは4回戦までシード選手と当たらない。4回戦で当たる可能性があるのは全仏覇者で第14シードのバーボラ・クレイチコバ(チェコ)か、先ごろ今季引退を表明した第17シードのキキ・バーテンズ(オランダ)。準々決勝で対戦の可能性があるシード選手は第5シードのビアンカ・アンドレスク(カナダ)、第12シードのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)。準決勝で当たる可能性があるのは、第3シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、第6シードのセレナらだ。


ボトムハーフでは第2シードのサバレンカが、初戦で元世界11位のモニカ・ニクレスク(ルーマニア)と対戦。その後シード順では、3回戦で第32シードのエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)と、4回戦で第15シードのサカーリと、準々決勝で第7シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)と、準決勝で第4シードのソフィア・ケニン(アメリカ)との対戦となる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」での錦織
(Photo by TPN/Getty Images)

錦織出場!ウィンブルドンテニスWOWOW生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム(四大大会)の第3戦。第2次世界大戦後初めて開催されなかった2020年を経て、2年ぶりに開催。錦織の活躍に期待!

【放送予定】 6/28(月)~7/11(日)連日生中継 ※7/4(日)除く
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu