マイページ

ウィンブルドン

ケビン・アンダーソン、「ウィンブルドン」に向け「しっかり準備をして楽しむよ」

写真は2018年「ATP500 アカプルコ」の時のアンダーソン

テニスファンと大会をまるごと楽しみ尽くす「WOWOWテニスワールド」内では、視聴者を交えながらゲストとテニスについて語る番組「オンライン楽屋」を毎日配信中だ。6月25日(金)の配信には、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)と、テニスワールドではおなじみの鈴木貴男が登場。本記事では、その内容をレポートする。

6月28日(月)より開幕する「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月28日~7月11日/グラスコート)に向けて、数日前にロンドン入りし準備をしているところだというアンダーソン。


配信直前には、ドローが発表になり、1回戦でトーマス・バリオス(チリ)と対戦することが分かった。初めて対戦する相手ということもあり、アンダーソンは「彼は予選を通過してきた選手で、すでに3戦戦っているよね。どういう選手か分からないし、どんな試合になるのかも予測が立たないけれど、とにかく月曜日に向けて準備を進めていくよ」と、冷静に語った。


気になるのは、怪我からの回復具合。キャリアハイの世界ランキング5位にまでのぼりつめたアンダーソンだが、ここ2年は怪我に苦しめられ続けてきた。しかし、それについても「自分を信じているし、以前の自分を取り戻せるようにがんばるだけ。キャリアを通してがんばることはやっているから、今までどおりやるだけさ」とコメント。


そして、鈴木が「2018年の『ウィンブルドン』準々決勝、ロジャー・フェデラー(スイス)との戦いで2セットダウンからカムバックした時の心境を知りたい」と聞くと、「負けてはいたんだけど、いいテニスをしているとは思っていたんだよ。マッチポイントの時は負けてもおかしくはなかったけれど、戦い続けたら勝利できたんだ」と、一つ一つのプレーを丁寧にこなしていくことで乗り切ったことを明かしてくれた。


続いて、「ウィンブルドン」史上2番目に長い試合となった、同年準決勝のジョン・イズナー(アメリカ)との対戦についても「イズナー選手のブレイクは、自分の予測にはなかったんだ。でも、自分のサーブは安定していた。圧力をかけながら、かなり我慢強く進めていた結果、勝つことができたよ」と語っており、ここでも“実直さ”が鍵となっていたようだ。


今回の「ウィンブルドン」では、2回戦に勝ち上がるとノバク・ ジョコビッチ(セルビア)との対戦する可能性が出てくる。これについても、「確かに当たることになる可能性があるけれども、今は一切そのことは考えていないよ。とにかく一回戦に勝つことに集中している。そして、『ウィンブルドン』のコートで試合ができることがとにかく嬉しいんだ。あと数日、しっかり準備をして楽しむよ」と手元をしっかりと見つめた。


注目は、やはりビッグ3。中でも、2017年の「全米オープン」決勝で対戦したラファエル・ナダル(スペイン)には「一番衝撃を受けた」と言い、「リベンジしたいね。フェデラーとジョコビッチには勝つことができたので、ナダルともう一度戦って、勝ちたい」と、再戦を熱望。


このほか、南アフリカで育ったからこそ感じるコートの好みや、大学テニスを経験した利点、食事のこと、世界中を飛び回るテニス選手ならではの話題に、次々と答えてくれたアンダーソン。


話題は、さらにプライベートなことにも波及。アンダーソンは、昨年9月に女の子の父親となった。妻が大学時代にゴルフで名を馳せた存在ということもあり、「娘さんにはテニスとゴルフ、どちらをやってほしい?」と問いかけると、「両方やってくれるといいなあ。でも、彼女が選ぶことだから、どちらの才能があるのか、どっちの方が好きなのか見極めてきたいね」とにっこり。


アンダーソン自身もゴルフを趣味の一つとしており、「ここ数年は怪我の影響であまりできなかったけれど、やるのは好きだよ。テニスをリタイアしたら練習する機会も多くなるだろうね」と語った。さらに、最近ではギターも趣味として始めたそうで、「いつもでもどこでも持ってきているんだ」と、リモートの画面越しに愛用のギターを見せてくれた。


大きな大会を3日後に控えた状況ながら、とてもフラットに、一つ一つの話題に丁寧に答えてくれたアンダーソン。それはまるで、彼のプレースタイルそのもののようだった。怪我を乗り越え、アンダーソンが再び「ウィンブルドン」の大舞台で活躍する姿が楽しみだ。


このトークは、「テニスワールド」内のアーカイブにて視聴することができる。なお、番組ではアンダーソンのサイン入りプレゼント企画も実施中だ。詳細は、「テニスワールド」にてご確認を。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2018年「ATP500 アカプルコ」の時のアンダーソン
(Photo by Hector Vivas/Getty Images)

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu