マイページ

ウィンブルドン

「ウィンブルドン」のシードが発表に。フェデラーは第7シード

2019年「ウィンブルドン」でのフェデラー

今月28日から本戦を迎える「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月28日~7月11日/グラスコート)のシードが発表された。シングルスは男女ともに32名ずつ。

男子の第1シードは、「ウィンブルドン」3連覇を狙うノバク・ジョコビッチ(セルビア)。もし優勝すれば、ロジャー・フェデラー(スイス)や今大会欠場を発表しているラファエル・ナダル(スペイン)に並ぶ、20個目のグランドスラムタイトル獲得となる。


歴代最多となる8度の「ウィンブルドン」優勝、そして2019年大会決勝ではジョコビッチと歴史的な熱戦を繰り広げたフェデラーが第7シード。2度にわたる膝の手術のため、2020年の「全豪オープン」以来、出場したのはたったの8試合。彼が第7シードにいることにより、今年の「全仏オープン」のように、ジョコビッチとフェデラーがドロー表の同じ山に入る可能性も浮上している。


第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)は、現地22日に行われた「ATP250 マヨルカ」(スペイン・マヨルカ/6月20日~6月26日/グラスコート)の2回戦で右手首を負傷。試合を途中棄権しており、「ウィンブルドン」欠場という情報はまだ出ていないものの心配の目が向けられている。


また、史上初めて4名のイタリア人選手(マッテオ・ベレッティーニヤニク・シナーロレンツォ・ソネゴファビオ・フォニーニ)がシード権獲得。そして開催地となるイギリスからは2名の選手(ダニエル・エバンズキャメロン・ノリー)が選出されており、「ウィンブルドン」でイギリス人男子選手が2人シード入りするのは2002年以来となる。


女子の第1シードは世界ランキング1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)。世界ランキング2位の大坂なおみ(日本/日清食品)は今大会欠場のため、第2シードは前回優勝のシモナ・ハレプ(ルーマニア)に。5月の大会で怪我をして以来、試合には出ずにリカバリーに努めていたハレプだったが、先日現地入りした様子が自身のSNSに上がっている。


女子では現役最多7度の「ウィンブルドン」優勝経験を持ち、2019年大会準優勝のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が第7シード。キャリアにおけるグラスコートでの勝率はシード選手の中で最も高い88.4%となっており、第1シードのバーティ(75.7%)と比べても、その強さは明らか。2016年以来8度目の優勝を目指す。


男女シングルスのシードは以下の通り。
【男子】
第1シード:ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
第2シード:ダニール・メドベージェフ(ロシア)
第3シード:ステファノス・チチパス(ギリシャ)
第4シード:ドミニク・ティーム(オーストリア)
第5シード:アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)
第6シード:アンドレイ・ルブレフ(ロシア)
第7シード:ロジャー・フェデラー(スイス)
第8シード:マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)
第9シード:ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)
第10シード:ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)
第11シード:デニス・シャポバロフ(カナダ)
第12シード:パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)
第13シード:キャスパー・ルード(ノルウェー)
第14シード:ガエル・モンフィス(フランス)
第15シード:フベルト・フルカチュ(ポーランド)
第16シード:アレックス・デミノー(オーストラリア)
第17シード:フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)
第18シード:クリスチャン・ガリン(チリ)
第19シード:グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)
第20シード:ヤニク・シナー(イタリア)
第21シード:アスラン・カラツェフ(ロシア)
第22シード:ユーゴ・アンベール(フランス)
第23シード:ダニエル・エバンズ(イギリス)
第24シード:ロレンツォ・ソネゴ(イタリア)
第25シード:ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)
第26シード:カレン・ハチャノフ(ロシア)
第27シード:ファビオ・フォニーニ(イタリア)
第28シード:ライリー・オペルカ(アメリカ)
第29シード:ジョン・イズナー(アメリカ)
第30シード:キャメロン・ノリー(イギリス)
第31シード:アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)
第32シード:テイラー・フリッツ(アメリカ)


【女子】
第1シード:アシュリー・バーティ(オーストラリア)
第2シード:シモナ・ハレプ(ルーマニア)
第3シード:アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)
第4シード:エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)
第5シード:ソフィア・ケニン(アメリカ)
第6シード:ビアンカ・アンドレスク(カナダ)
第7シード:セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)
第8シード:イガ・シフィオンテク(ポーランド)
第9シード:カロリーナ・プリスコバ(チェコ)
第10シード:ベリンダ・ベンチッチ(スイス)
第11シード:ペトラ・クビトバ(チェコ)
第12シード:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)
第13シード:ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)
第14シード:エリース・メルテンス(ベルギー)
第15シード:バーボラ・クレイチコバ(チェコ)
第16シード:マリア・サカーリ(ギリシャ)
第17シード:アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)
第18シード:キキ・バーテンズ(オランダ)
第19シード:エレナ・リバキナ(カザフスタン)
第20シード:カロリーナ・ムチョバ(チェコ)
第21シード:ココ・ガウフ(アメリカ)
第22シード:オンス・ジャバー(チュニジア)
第23シード:ジェシカ・ペグラ(アメリカ)
第24シード:マディソン・キーズ(アメリカ)
第25シード:アネット・コンタベイト(エストニア)
第26シード:アンジェリック・ケルバー(ドイツ)
第27シード:ペトラ・マルティッチ(クロアチア)
第28シード:ジョハナ・コンタ(イギリス)
第29シード:アリソン・リスク(アメリカ)
第30シード:ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)
第31シード:パウラ・バドーサ ジベルト(スペイン)
第32シード:ダリア・カサキナ(ロシア)


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「ウィンブルドン」でのフェデラー
(Photo by Mike Hewitt/Getty Images)

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu