マイページ

ウィンブルドン

「ウィンブルドン」女子ベストマッチ・ビーナス対ダベンポート2005年決勝

写真は2005年「ウィンブルドン」でのビーナス(左)とダベンポート(右)

あるテニスの試合を「最高の試合だ」と思わせるものは何だろう。会場、大会、プレー、試合の中で繰り広げられるドラマ、そこへ至る因縁など。2005年「ウィンブルドン」女子シングルス決勝、ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)対リンゼイ・ダベンポート(アメリカ)の試合にはそのすべてがあった。テニス関連ニュースサイトTennis.comが伝えている。

両選手とも既に大会の歴史に名を残していた。ダベンポートは1999年に、ビーナスはその後2年連続で優勝。だが、テニスでは時の流れは速い。ダベンポートは2000年を最後にグランドスラムで優勝から遠ざかっていた。


2004年に「ウィンブルドン」で、ダベンポートはこれが最後の出場となるのか尋ねられた。「その可能性は高いけれど、まだ決めてはいないわ」と当時28歳だったダベンポートは答えた。


その年ダベンポートは、後に優勝するマリア・シャラポワ(ロシア)に準決勝で敗退。同じ年、ビーナスは2回戦で世界30位だったカロリーナ・スプレーム(クロアチア)に敗れて姿を消していた。


だが引退しなかったダベンポートは、2005年に素晴らしいテニスをしていた。「全豪オープン」で準優勝したダベンポートは「ウィンブルドン」で第1シードとなり、4回戦でキム・クライシュテルス(ベルギー)を、準々決勝で前年の「全米オープン」覇者スベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)を、そして準決勝ではアメリー・モレスモー(フランス)という強敵たちを次々と倒していった。


ビーナスにとってそこまでは苦しいシーズンだった。「全豪オープン」では4回戦で、「全仏オープン」では3回戦で敗退。だがビーナスのコート全面を守り、攻撃できるオールコートのスキルは、ここ「ウィンブルドン」で最も輝き、最も自信を取り戻すことのできる場所だった。第14シードだったビーナスは1セットも落とすことなく決勝に進出。特に準決勝では前年覇者であったシャラポワを7-6(2)、6-1で下していた。


ダベンポートとビーナスは互いに知り尽くした相手だった。そこまで26回対戦しており、ダベンポートの14勝12敗。だがここ「ウィンブルドン」では、ビーナスの3戦全勝だった。


ビーナスは語っている。「彼女と私は似たタイプのプレーヤーだと思う。コートカバー能力とサーブは、私が少し上かも。でも彼女と対戦するのは、自分と対戦するような感じ」


決勝はどちらも素晴らしいプレーで、深くパワーのあるグラウンドストロークを打ち合った。序盤はダベンポートが優勢で第1セット5-2のリードを奪い、そのまま6-4でセットを取った。


第2セットは接戦で、4-5でサーブしていたダベンポートはビーナスのセットポイントをしのぎ、次のゲームでブレークしてサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップとなった。だがビーナスはあきらめずブレークバックタイブレークを7-4で制して試合はファイナルセットにもつれ込んだ。


後にダベンポートは、「試合の中で何度も何度も流れが変わった。ビーナスはあきらめることなく戦い続けた。彼女は絶対に心が折れることはないのよ。私が勝利に近づいた時ほど、彼女は素晴らしいテニスをした」とインタビューで語った。


そのパターンは第3セットでも続いた。ダベンポートは4-2とリードしたが、すぐにビーナスがブレークパック。4-5、30-30でビーナスがダブルフォールト、ダベンポートのマッチポイントとなった。だが追い詰められた時ほどビーナスはチャンピオンのように戦い、バックハンドダウンザラインを決めた。


7-7からビーナスがダベンポートをブレークし、勝利はビーナスへ。ビーナスにとっては3度目の「ウィンブルドン」制覇で、決勝でマッチポイントをしのいでの優勝は1935年のヘレン・ウィルズ(アメリカ)以来だった。


決勝の前日にビーナスは「ウィンブルドン」の大会関係者と会い、男女の賞金金額を同じにするよう要請していた。そして翌日の決勝で、ビーナスとダベンポートは「ウィンブルドン」女子シングルス決勝ベストマッチとも言われる試合をして見せて、要求の正当さを証明したのだ。その2年後、「ウィンブルドン」の男女の賞金額は同じになり、ビーナスは大会4度目の優勝を遂げたのだった。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2005年「ウィンブルドン」でのビーナス(左)とダベンポート(右)
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu