マイページ

ウィンブルドン

テニス史上最長となった、3日がかり11時間5分の死闘【ウィンブルドン名試合】

2010年「ウィンブルドン」でのイズナー(左)とマウ(中央)

本来なら「ウィンブルドン」が行われている予定だったこの時期。今年は新型コロナウイルスの影響のため行われていないが、ATP(男子プロテニス協会)が、過去の同大会での名場面を振り返っている。

今回振り返っているのは、今後破られることがない、テニス史上最長の試合となった2010年大会の男子シングルス1回戦のジョン・イズナー(アメリカ)対ニコラ・マウ(フランス)だ。


1試合が終了するのに3日を要し、スコアは6-4、3-6、6(7)-7、7-6(3)、70-68、合計試合時間は11時間5分にも及んだ。


初日はセットカウント2-2となった時点で日没サスペンデッドとなり、残りは翌日へ順延に。ここまでの各セットが決まるまで要した時間は、それぞれ32分、29分、49分、64分、合計2時間54分と既に長いものの順調に進んでいた。


しかし第4セットが終了した時点で、両者の合計ブレーク数はわずかに2つ。また当時「ウィンブルドン」では、最終セットのタイブレークが導入されていなかった。


このルールが原因で、第5セットは途方もなく長いものとなる。まったくチャンスがないわけではないが、両者緊張感を保ちながらキープを続け、ブレークが発生しなかった。その結果、ゲームカウント59-59で2日目も日没サスペンデッドを迎えることになる。2日目の試合時間は7時間6分に及んだ。


そして3日目にようやくその時が訪れる。ネットに出たマウの横を抜くパッシングショットを決めたイズナーが勝利を掴み、終止符を打った。


この長さのため、他の数字も普段の試合では考えられないものに。サービスエースはイズナーが113本、マウが103本。合計183ゲームでブレークはわずか3ゲーム(両者合わせて168ゲーム連続キープ)、総ポイントは980ポイントにも及んだ。


この試合が行われた18番コートには、これを記念したプレートが飾られている。


ちなみにイズナーとマウは皮肉なことに、2011年大会の1回戦でも激突。その際は7-6(4)、6-2、7-6(6)でまたもイズナーが勝利したが、試合時間は2時間3分と抑えられた。


ただイズナーは2018年大会の準決勝でも死闘に直面。6時間36分の死闘の末、6(6)-7、7-6(5)、7-6(9)、4-6、24-26のスコアでケビン・アンダーソン(南アフリカ)に敗れた。


この2試合をキッカケに2019年大会から、最終セットで12-12となった場合、タイブレークを導入することが決まった。


これについてイズナーは「試合の勝者にとっては休息できるほか、次の試合のために控えている選手や、フルスケジュールのために有料で試合を見ているファンにも利益がある」とコメント。


またジョン・マッケンロー(アメリカ)も「アスリートとしての限界を極める戦いというのは、見ていて感動するものはあるけれども、2010年にイズナーが70-68となった時に、ルールを変えるべきだった」とコメントしている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2010年「ウィンブルドン」でのイズナー(左)とマウ(中央)
(Photo by David Ashdown/Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu