ウィンブルドン

快挙Vの16歳望月が対戦してみたいのはジョコビッチ。「あのディフェンスを崩したい」[ウィンブルドン・ジュニア]

「ウィンブルドン・ジュニア」での望月慎太郎

14日、「ウィンブルドン」ジュニアの部、男子シングルスで16歳の望月慎太郎が優勝を果たした。グランドスラムのジュニアシングルスで日本人男子が優勝するのは、史上初の快挙。また女子を含めても、1969年の「ウィンブルドン」ジュニアの部で優勝した沢松和子さん以来、50年ぶりとなる。その望月が対戦してみたいのは、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)だという。

望月は、全仏オープンジュニアでは初めてのグランドスラムジュニアへの挑戦で、錦織圭(日本/日清食品)のジュニア時代最高成績を上回るベスト4に進出。さらに6月末にノッティンガムで行われた芝コートのジュニア大会では、自身初の芝大会でいきなり優勝を果たし、今回も快進撃で日本人男子初の快挙を達成した。


望月は、優勝後に「ウィンブルドン」を放送するWOWOWのスペシャルナビゲーターで俳優の石黒賢さんのインタビューに答えている。


優勝した率直な気持ちを聞かれると、「優勝したっていうことに関して嬉しいっていう気持ちはあるんですけど、まだちょっと実感が湧かないところがあるので。快挙とか言われても、『自分が…なあ』と感じるところはあります」と落ち着いて答えた。


また、対戦してみたい選手は?という質問には「自分的にはジョコビッチ。なかなかみんな勝てないので。あのディフェンスを崩したいなという気持ちはあります」と、世界1位で今大会男子シングルスで2年連続5度目の優勝を飾ったジョコビッチを挙げた。


望月は現在16歳で、ジョコビッチは32歳。もしここからさらに急成長し、現在18歳でキャリアハイ21位のフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)のように活躍できれば、ジョコビッチとツアーで対戦できる可能性はある。


まだ16歳の望月が、これからどのような成長と活躍を見せてくれるのか、期待したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン・ジュニア」での望月慎太郎
(Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu