ウィンブルドン

【速報】フェデラー 優勝ならず。ジョコビッチが今年導入された最終セットタイブレークの末、2連覇・5度目の栄冠[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」でのフェデラー

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)の大会最終日、男子シングルス決勝で同大会8度優勝のロジャー・フェデラー(スイス)が4度優勝・前年優勝者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。6(5)-7、6-1、6(4)-7、6-4、12(3)-13でフェデラーが敗れ、同大会9度目の優勝とはならなかった。またジョコビッチにとっては同大会5度目、グランドスラム16個目のタイトルとなった。

第5セットはジョコビッチのサービスゲームからスタート。決着のつくセットということもあり、両者一歩も譲らぬプレーが続く。


第4ゲームでフェデラーのショットがネットにかかってアウトになり、15-40とピンチを迎える。しかし好サーブを駆使してしのぎ、ゲームカウント2-2とした。


第5ゲームで40-0からデュースまで追い上げたフェデラーだったが、ここはブレークポイントを握るまでは至らない。それどころか続く第6ゲームでまたもジョコビッチに2本のブレークポイントを握られると、パッシングショットを決められてブレークを喫してしまった。


なんとか追いつきたいフェデラーは、第7ゲームでジョコビッチのダブルフォルトによって30-40とチャンスをつかむ。一旦はしのがれたものの、デュースの末にブレークバックに成功。ブレークの数で並ぶと、続く第8ゲームをキープしてゲームカウント4-4とした。


ゲームカウント4-5で迎えた第10ゲームでまたもピンチを迎えたフェデラー。しかしここも執念でしのぎ切った。


そしてゲームカウントは6-6に。ゲームカウント12-12になるまでタイブレークは行われない戦いとなった。


そして迎えた第15ゲーム、フェデラーがブレークポイントを握ると、前に出たジョコビッチをクロスで抜いて、ついにブレークに成功。


続く第16ゲームがフェデラーのサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップに。しかし、40-15とチャンピオンシップポイントを2本握ったところから、4本連続でジョコビッチに粘られ、土壇場でブレークバックされる。


その後も両者キープを続け、ゲームカウント11-11で迎えた第23ゲーム。フェデラーは40-0から一気に追い上げ、ブレークポイントを握る。しかしここもジョコビッチが粘り、ブレークできない。


そのままゲームカウントは12-12となり、今年からのルール改正で7ポイント先取のタイブレークにもつれ込んだ。


そのタイブレーク、フェデラーは2ポイント目でミニブレークを許す。フェデラーは追いつくことができず、このタイブレークを落とし、敗れた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」でのフェデラー
(Photo by Matthias Hangst/Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。

【放送予定】 2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
■詳細・放送スケジュールはこちら>

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu