マイページ

ウィンブルドン

フェデラーとナダルが魅せた、ラスト8分間の最高の攻防[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」でのフェデラー(右)とナダル(左)

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)の大会11日目、男子シングルス準決勝。第2シードロジャー・フェデラー(スイス)が第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)を7-6(3)、1-6、6-3、6-4で破り、12度目の決勝進出を果たした。その最後に繰り広げられた第4セット、第10ゲームの約8分間は、素晴らしいゲームとなった。

「ウィンブルドン」では過去3回、この宿命のライバルの直接対決が実現。2006年決勝、2007年決勝ではフェデラーが勝利し、5連覇を達成。2008年決勝ではナダルがフルセットの末勝利し、初優勝を飾っていた。なかでも2008年決勝は伝説の名勝負と言われている。


あれから11年の月日が経ち、二人はまたテニスの聖地で激突。そして3セットを終えた時点でフェデラーのセットカウント2‐1となっていた。第2セットこそ落としたものの、フェデラーが第4セットでも優勢に。ナダルも第9ゲームでマッチポイントを2本握られながら粘りを見せ、執念のキープ。そしてゲームカウント5‐4、第10ゲームがフェデラーのサービング・フォー・ザ・マッチとなった。


両者ポイントを奪い合い、30‐30と、次が大事なポイントとなる。フェデラーはネットに出て強打、ナダルはなんとか拾うもチャンスボールに。しかしフェデラーがこれをスマッシュミスしてしまい、30‐40とナダルのブレークポイントに。もしブレークバックに成功すると、試合はまだわからない。


しかしフェデラーもプレッシャーに負けず、我慢のラリーを展開。ロングラリーの末に、ナダルが低い弾道のボールをネットにかけ、デュースに。ナダルも頭を抱えて悔しがった。


さらにフェデラーはネットに出てポイントを重ね、マッチポイントに。しかしナダルも粘る。途中コードボールや、ウィナー級のショットもあり、観客がどよめいたが二人は動じず、最後はナダルが24本のラリーを制しデュースになった。


フェデラーも負けじと次はサービスエース。ナダルはわずかな望みで最後のチャレンジを申請したが、サーブはインの判定。またもフェデラーのマッチポイントに。


ナダルもまだ諦めず、フェデラーがネットに出ようとしたところをパッシングショット。またもデュースへ。


それでもフェデラーが続くポイントでナダルの浮いたリターンをしっかり決め、このゲームだけで3本目のマッチポイントを握る。


続くフェデラーのファーストサーブはフォルト。試合が決したと勘違いした観客からは、一瞬歓声があがる。そしてセカンドサーブから5球目でストレートに攻めたフェデラーのショットに対し、ナダルのバックハンドはロングに。3時間2分の激闘の幕が閉じた。


勝利したフェデラーは何度も拳を振り上げて喜びを表現。そしてナダルと握手しハグを交わした。来月には38歳になるフェデラーと現在33歳のナダルだが、まだまだ男子テニス界を引っ張っていくことを予感させる試合となった。


フェデラーは9度目の優勝をかけ、決勝で第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。男子シングルス決勝は、日本時間14日に行われる予定だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」でのフェデラー(右)とナダル(左)
(Photo by Shi Tang/Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。

【放送予定】 2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
■詳細・放送スケジュールはこちら>

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu